源氏 物語 夕顔 テスト

発行者: 06.03.2020

詳細は「 新源氏物語 田辺聖子 」を参照. 桐壺帝が譲位をして弘徽殿の女御が産んだ皇子が帝(朱雀帝)となると、右大臣家が権勢を強めた。譲位に伴って六条御息所の娘が斎宮に定められると、源氏に冷遇される六条御息所は娘とともに伊勢へ下向することを考え始める。   葵祭の日、源氏も行列の供に加わると知り、懐妊中の葵の上は見物に出かける。そこで、身分をやつして見物に出ていた六条御息所の車と鉢合わせ、従者たちが御息所一行を辱めてしまう。   底知れぬ恥辱を受けた六条御息所は病に伏せ、夢の中で葵の上に憎しみをぶつける。同じ頃、葵の上には物の怪が取り憑き、左大臣家では加持祈祷が繰り返されていた。やがて葵の上は出産するが、生霊にとらわれ急逝する。   源氏は悲しみにくれるが、喪が明けて二条院に戻ると、美しく成長した紫の上と新枕を交わす。.

WorldCat Identities BNF : cbg データ GND : LCCN : n NDL : VIAF : 六条御息所は源氏への思いを断ち、娘とともに伊勢に向かう決心をした。出発間近になって、源氏は野宮に六条御息所を訪ね、ふたりは晩秋の野宮で心ゆくまで語り明かした。   十月、かねてより病に伏せていた桐壺院が崩御。年があらたまり、朧月夜が尚侍として帝に仕えた。朱雀帝は、母、弘徽殿の大后の言いなりとなり、源氏は政治的に追いつめられていく。. 柏木の一周忌が巡ってきた。源氏や夕霧の厚意に事情を知らない柏木の父、致仕の大臣は、感激しつつ悲しみを新たにする。源氏は日に日に成長する薫の姿に自身の老いを感じる。   秋、落葉の宮を見舞った夕霧は柏木が愛した横笛を贈られる。その晩、夕霧の枕に柏木が立ち、その笛は別の人に贈りたいと語る。   笛の処置に困った夕霧は六条院を訪れる。薫を見た夕霧はその面影に柏木を感じ、源氏に柏木の遺言を質した。.

暑い夏の日、源氏が夕霧と釣殿で涼をとっていると、内大臣家の若者たちが現れた。源氏は彼らから、内大臣が最近探し当てた外腹の子(近江の君)の出来が悪く困っていると聞くと、夕霧と雲居雁の件で気を悪くしていた源氏は内大臣を責める。   黄昏時になって源氏は、玉鬘と琴を唱和しながら夕顔のことを語る。玉鬘に恋心を抱く源氏だが、現実を考え、髭黒の大将か蛍の宮に玉鬘を託すことを考える。   内大臣は、夕霧と雲居雁の結婚を許そうと考えるが、源氏が折れない限りはと思い直す。近江の君にほとほと手を焼く内大臣は、弘徽殿の女御に行儀見習いを頼んだ。.

紫式部の書いた『源氏物語』の原本は現存していない。また、『紫式部日記』の記述によれば、紫式部の書いた原本をもとに当時の 能書家 によって清書された本があるはずであるが、これらもまた現存するものはない。『紫式部日記』の記述によると、そもそも、作者の自筆の原本の段階で草稿本、清書本など複数の系統の本が存在し、作者の手元にあった草稿本を道長が勝手に持ち出すといった意図しないケースを含めてそれぞれが外部に流出するなど、『源氏物語』の本文は当初から非常に複雑な伝幡経路をたどっていたことが分かる。確実に平安時代に作成されたと判断できる写本は現在のところひとつも見つかっておらず、この時期の写本を元に作成されたとみられる写本も非常に数が限られている。このため、現在ある諸写本を調べていけば何らかのひとつの本文にたどり着くのかどうかさえ議論に決着がつかない状態である。そのため、現在では紫式部が書いた原本の復元はほぼ不可能であると考えられている。.

54 [32] [33] .

ツール リンク元 関連ページの更新状況 ファイルをアップロード 特別ページ この版への固定リンク ページ情報 ウィキデータ項目 このページを引用. 絶世の美男子で身分が高く、教養にもあふれている主人公、光源氏の栄華を描いた『源氏物語』は日本文学の史上最高傑作であり、世界最古の長編小説(諸説あり)です。 『源氏物語』は全54巻から成り、その内容は光源氏が誕生してから栄華を極めるまでを第1部、光源氏の晩年を描いた第2部、光源氏没後の子孫たちを主役にした第3部の3つに分かれています。海外でも「The Tale Of Genji」として英訳され、その高い完成度に「1,年前に書かれた作品とは思えない!」と驚く人も少なくありません。. 写本 については池田亀鑑の説では以下の3種類に分けられるとされる。ただし、その後もこの分類について妥当か研究されている。詳しくは 源氏物語の写本 を参照。.
  • 二月二十日過ぎ、薫から宇治の姫君の話を聞き、興味を持った匂の宮が宇治を訪れ、薫と供に管弦の遊びを催す。匂の宮からの手紙に八の宮は中の君に返事を書かせる。七月、死期が近いことを悟った八の宮は再び薫に姫君たちの後見を頼む。   姫君たちに軽率な結婚への訓戒を残し、八の宮はこの世を去る。薫や匂の宮から文が届けられるが、父の遺言を守り、姫君たちは固く心を閉ざす。   冬、薫は大君に恋情を訴えるが、大君は取り合わない。   翌春、匂の宮はかねてからあった夕霧の娘との縁談にまったく興味を見せず、薫に八の宮の娘との仲介を頼む。夏、薫は喪服姿の姫君たちを垣間見る。. 詳細は「 源氏物語の写本の一覧 」を参照.
  • 江國香織『彼女たちの場合は』で迎えたひとつの終着点 「自由であること」への覚悟と潔さ 2年ぶりの長編小説となる『彼女たちの場合は』を年5月に上梓した江國香織さん。翻訳、詩作でも高く評価され多方面で活躍をつづける彼女は、児童文学の書き手としてキャリアをスタートし、恋愛小説の旗手となって多くの読者の心を掴んできました。自身が年齢を重ねるとともにその作品世界も深みと広さを増していき、さまざまな年代の男女の愛のかたちを描いてきた作者が、いまふたたび、10代の少女の物語を描くことで伝えたかったこととは何なのでしょうか。. 新春の六条院は栄華に満ちていた。なかでも紫の上が住む春の町はこの世の極楽のようだった。   元日、源氏は六条院に住む女君たちを訪れ、歌や贈り物を交わした。夕刻、明石の君の元を訪れると、明石の君は明石の姫君からの文を読み思い乱れていた。その日源氏は明石の君と朝を迎える。   翌日、源氏の元には多くの客が新年の挨拶に訪れるが、玉鬘の美貌に気もそぞろだった。その後源氏は二条東院に住む末摘花と空蝉を訪れる。   儀式が一段落し男踏歌が催され、六条院に住む女性たちが対面した。これを機に女楽を開催することを源氏は考える。.

ベストアンサーに選ばれた回答

という記述についても、「輝く日の宮」が別個にあるのではなく、それは現在の「桐壺」巻の第3段である藤壺物語を指し、「輝く日の宮」を「桐壺」巻から分離し第2巻とし、これを 本の巻 とし、「空蝉」巻を包含した形の「帚木」巻と「夕顔」巻とをそれぞれ並一・並二として扱う意味であると理解しようとした。 寺本は結論として、並とは本の巻とひとそろい、ひとまとめになることを示し、巻々をわけ、合わせる組織・構成に関係づけた [56] [57] 。. 両者の作業はいずれも乱れた状況にあった『源氏物語』の本文を正そうとするものであったが、その結果は若干異なったものとなった。現在ある「青表紙本」と「河内本」の本文を比べると、「青表紙本」の方では意味が通らない多くの箇所で「河内本」をみると意味が通るような本文になっていることが多い。これは、「河内本」が意味の通りにくい本文に積極的に手を加えて意味が通るようにする方針で校訂されたのに対して、「青表紙本」では意味の通らない本文も可能な限りそのまま残すという方針で校訂されたためだと考えられている。このことは、藤原定家と源光行らがともにほぼ同じ資料を前にして、当時の本文の状況を「さまざまに異なった本文が存在し、その中のどれが正しいのかわからない」と認識していたにもかかわらず、定家は「その疑問を解決することはできなかった」という意味のことを述べ、源光行は「さまざまな調査の結果疑問をすっきりと解決することができた」という意味のことを述べるという正反対の結論に達していることともよく対応していると考えられてきた。定家の作り上げた「青表紙本」系統の本文が本当に元の本文に手を加えていないかどうかについては、近年になって、定家の『 土佐日記 』などほかの古典の写本作成に対する態度を詳細に調査することによって、ある場合には積極的に本文に手を加えることもあるということが明らかになってきたため、再検討の必要が唱えられている。.

池田亀鑑の解説を加えたものが、年10月から年8月にかけて『全訳源氏物語』として、全9冊で 角川文庫 から出版されており、年8月から年2月にかけて全3冊に合本・改版され重版した。年に 源氏物語千年紀 を記念し、『新装版 全訳源氏物語』全5冊に改版された。ほかに、年には日本社から日本文庫で、年には三笠文庫( 三笠書房 )で、年(新装版、年)には 河出書房新社 の日本古典文庫で、年には 勉誠出版 刊の『鉄幹 晶子全集』の第7巻および第8巻として、年から年に舵社からデカ文字文庫と、多くの出版社から刊行されている。これらとは別に、最初の訳書も、後年の翻訳より読みやすいといった評価があったことから、年に角川書店から単行本が出版され、年には、『与謝野晶子の源氏物語』( 角川文庫ソフィア )全3冊で出版された。双方の訳書とも年5月29日に与謝野が死去したため、年に著作権の保護期間が満了しており、パブリック・ドメインで利用できるため青空文庫などに収録されている。.

平安時代の日本文学史 においても、『源氏』以前以降に書かれたかどうかによって、物語文学は「前期物語」と「後期物語」とに区分され [25] 、あるいはこの『源氏』のみを「前期物語」および「後期物語」と並べて「中期物語」として区分 [26] する見解もある。後続して成立した王朝物語の大半は『源氏』の影響を受けており、後世しばらくは『 狭衣物語 』と並べ、「源氏、狭衣」を二大物語と称した。後者はその人物設定や筋立てに多くの類似点が見受けられる。. 著者・原田まりるにインタビュー! 哲学を体感せよ! あなたを救う新しい言葉との出会いが詰ま・・・ コミックで読むと、哲学はこんなにわかりやすい! 第5回京都本大賞を受賞した、原田まりる著『ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。』のコミック版が、年11月12日に発売。ある日突然、現代に降臨したニーチェが、悩める女子高生のアリサに、哲学の教えをナビゲート。生きるヒントが詰まった哲学漫画の読みどころを、著者の原田まりるさんにインタビューしました。.

. [30] .

物の怪を登場させた紫式部の意図とは

一覧 写本 古注釈書 カテゴリ コモンズ. カテゴリ : 源氏物語 紫式部 11世紀の書籍 日本の小説 日本の恋愛小説 王子を主人公とした小説 京都府を舞台とした作品 京都市を舞台とした小説 兵庫県を舞台とした作品 神戸市を舞台とした小説 近畿地方を舞台とした作品 親族の恋愛を扱った作品. 表示 閲覧 編集 履歴表示. 与謝野晶子 は、『源氏物語』は「帚木」巻から起筆され、「桐壺」巻はあとになって書き加えられたのであろうとする説を、『源氏物語』の全体を二分して後半の始まりである「若菜」巻以降を紫式部の作品ではなくその娘である 大弐三位 の作品であろうとする見解とともに唱えた [58] 。.

[].      .       .

「廃院、源氏物語」に関する質問

源氏物語の巻名は、後世になって、 巻名歌 の題材にされたり、 源氏香 や 投扇興 の点数などに使われたり、女官や 遊女 が好んで名乗ったりした( 源氏名 )。. 花散里が愛された理由は、なんといっても「自然体であったこと」に他なりません。 花散里は光源氏の理想に近づこうとするのではなく、あくまでも素の自分でいました。だからこそ、政権争いや他の女性からの冷たい態度で疲れ切った光源氏にとって、花散里は癒しを与えてくれる存在となったのです。.

夕顔は、光源氏の良き友人で政敵でもある 頭中将 とうのちゅうじょう のかつての愛人でもありました。 あちこちにいる女性にうつつを抜かす頭中将に不満を漏らすことなく、甲斐甲斐しく尽くす夕顔。そんな彼女を頭中将は 「常夏の女」(ナデシコの古名) と呼んで想い続けていました。.

  • やがて葵の上は 六条御息所 の生霊に苦しめられますが、なんとか息子の夕霧を出産。そのまま容態が急変し、葵の上は亡くなってしまいます。夫婦関係が良好になった矢先であっただけに、光源氏の悲しみは深いものでした。.
  • 詳細は「 源氏物語60巻説 」を参照.
  • 詳細は「 異説 」を参照.
  • 丸谷才一 は 大野晋 との対談で、この説をさらに深め(1)b系は、空蝉、夕顔、末摘花、玉鬘を中心に源氏の恋の失敗を描いた帖であることが共通していること、(2)筆がa系よりもこなれており、叙述に深みがあることなどの点から、a系第一部の評価が高くなったのちに、今度は御伽噺の主人公のように完璧な光源氏(実際にa系の源氏はそう描かれている)の人間味を描くために書かれたのがb系ではないかと述べている。またb系には、のちに「雨夜の品定め」と呼ばれる女性論や、「日本紀などはただかたそばぞかし」と源氏に語らせた物語論もあり、独自の見解を提唱している [66] [67] 。.

85 110.    .      . [53]. 20 3 [2] [3] [4] [5] 54 [3] [6] .

この記事が入っているマガジン

隠しカテゴリ: ISBNマジックリンクを使用しているページ BNF識別子が指定されている記事 GND識別子が指定されている記事 LCCN識別子が指定されている記事 VIAF識別子が指定されている記事. 後世の人物が『源氏物語』の欠を補った作。作者自身が別人であることを明かしているか、別作者であることが明らかである形で伝えられているため、狭義の偽作には含まれないが関連して論じられることは多い。まとまった補作が存在する場所は下記のように限られている [] 。.

病がちな朱雀帝は東宮への譲位を考えるが、そんな時でも心を占めるのは朧月夜のことであった。東宮(実は源氏の子)が元服し、即位をした(冷泉帝)。源氏は内大臣に昇進、葵の上の父、兄もともに昇進し、再び源氏は権勢を強める。   三月半ば、明石の君が女児を出産した。娘のために源氏は乳母を選び、明石に派遣する。同じ頃、源氏は紫の上に明石の君の件を打ち明ける。源氏の話を聞き、素直に嫉妬の感情をあらわにする紫の上の姿を源氏は好ましく感じる。   秋、源氏は住吉にお礼参りに出かける。偶然居合わせた明石の父娘は、源氏のあまりの華やかさに早々と立ち去った。   帝が代わるとともに娘と帰京した六条御息所は病に倒れ、出家した。御息所は娘(斎宮の女御)を源氏に託しこの世を去る。源氏は好き心を抑え後見を誓った。朱雀院は斎宮の女御を所望するが、源氏は藤壺と結託し、冷泉帝へ入内させることを計る。.

一方、仏教が浸透していくなかで、「色恋沙汰の絵空事を著し多くの人を惑わした紫式部は 地獄 に堕ちたに違いない」という考えが生まれ、「 源氏供養 」と称した紫式部の霊を救済する儀式がたびたび行われた。のちに 小野篁 伝説と結びつけられた。また、 香道 の流行にともなって、「 源氏香 」「 香の図 」といった本書に由来する呼称が発生した。.

[68] [69] [70] ?       .


Facebook
Twitter
コメント
Mizuki 14.03.2020 04:06 答える

a系 第一部( 紫上系 ).

Nari 10.03.2020 09:13 答える

藤壺は桐壺院亡き後、東宮の後ろ盾として源氏を頼りにするが、源氏の藤壺への執心はますます強まっていく。思い悩んだ藤壺は、桐壺院の一周忌法要後、髪を落とした。   失意の源氏だが、朧月夜との関係は続いていた。ふたりはある日、右大臣に逢瀬の現場を目撃される。弘徽殿の大后をはじめとする、右大臣家の怒りは凄まじいものだった。. 隠しカテゴリ: ISBNマジックリンクを使用しているページ BNF識別子が指定されている記事 GND識別子が指定されている記事 LCCN識別子が指定されている記事 VIAF識別子が指定されている記事.

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2015-2020 atelier-kv.com 権利留保
このサイトへのアクティブなリンクを使用する場合、コピーと引用が許可されます.