文豪 ストレイ ドッグス 暗殺 教室 ピクシブ

発行者: 14.07.2020

新規登録 ログイン. ちゃんと動ける気がしない。敦、着物じゃダメなの?」 「ダメなんだよねぇ、僕もいつもの服の方が動きやすいんだけど。」 ともかくだ、二人は一通り着てみて動きやすさ等を確認したあと再びたたみなおし、笑いあって晩飯の買い出しに行った。 翌日。 二人で朝作った弁当を持って、敦と鏡花は椚木が丘へ向かった。 徹底された差別待遇に、敦は眉を寄せながら鏡花と山の中を進んでいく。 「結構きついね、この山。」 「一般人には辛いと思う、やっぱりここは可笑しいと思う。」 と言っておきながら鏡花は顔色もまったく変えずに黙々と登っている。 しばらく談笑しながら登り続けていると、やがてかなりボロい校舎を見つけた。 「ええーっと、職員室は あぁ、君達が武装探偵社の方か。」 「はい、中島敦です。こっちは泉鏡花ちゃん。」 ペコリと頭を二人で下げると、男性は自身を烏丸と名乗った。 「それでは二人を教室に案内する、中さんと泉さんには異能の使用は許可されているので暗殺に力を注いで欲しい。」 「

前のページ -. ちゃんと動ける気がしない。敦、着物じゃダメなの?」 「ダメなんだよねぇ、僕もいつもの服の方が動きやすいんだけど。」 ともかくだ、二人は一通り着てみて動きやすさ等を確認したあと再びたたみなおし、笑いあって晩飯の買い出しに行った。 翌日。 二人で朝作った弁当を持って、敦と鏡花は椚木が丘へ向かった。 徹底された差別待遇に、敦は眉を寄せながら鏡花と山の中を進んでいく。 「結構きついね、この山。」 「一般人には辛いと思う、やっぱりここは可笑しいと思う。」 と言っておきながら鏡花は顔色もまったく変えずに黙々と登っている。 しばらく談笑しながら登り続けていると、やがてかなりボロい校舎を見つけた。 「ええーっと、職員室は 新規登録 ログイン.

よろしくお願いいたします、福沢殿。」 「暗殺、ですか。」 「 ちゃんと動ける気がしない。敦、着物じゃダメなの?」 「ダメなんだよねぇ、僕もいつもの服の方が動きやすいんだけど。」 ともかくだ、二人は一通り着てみて動きやすさ等を確認したあと再びたたみなおし、笑いあって晩飯の買い出しに行った。 翌日。 二人で朝作った弁当を持って、敦と鏡花は椚木が丘へ向かった。 徹底された差別待遇に、敦は眉を寄せながら鏡花と山の中を進んでいく。 「結構きついね、この山。」 「一般人には辛いと思う、やっぱりここは可笑しいと思う。」 と言っておきながら鏡花は顔色もまったく変えずに黙々と登っている。 しばらく談笑しながら登り続けていると、やがてかなりボロい校舎を見つけた。 「ええーっと、職員室は どこかの異能組織の手を借りるのですね。しかしどこを?」 「我々だ、防衛省の方。」 振り返った烏丸は、そこにいつのまにか佇む男

それがどうしても殺らなくちゃいけない事なんなら、僕は引き受けます。」 「 鏡花ちゃん、やるんなら僕もやるよ?鏡花ちゃん一人に背負わせたくないから。」 敦の真剣な瞳に、鏡花は光を取り戻しコクンと頷いた。 烏丸についていくこと数分。 黄色いタコが授業している教室の前で、烏丸は立ち止まり、一人中に入っていった。 「授業中すまない、今日は転校生が来ている。彼らは政府から依頼された組織から態態来てくれた。入ってくれ。」 ドアから入り、生徒達の訝しげな目線を受ける。 「中島敦です、よろしくお願いします。」 「 わかった、そこで私と敦でその超生物を殺せば良いってこと?」 敦よりも早く結論を出した鏡花に、福沢は口を開く。 「月の次は地球を爆破すると超生物は言っている、もし実現されてしまえば世界、横浜ももちろん無き物になるだろう。それだけは絶対に避けねばならん。急で無茶な依頼だとは分かっている。しかし、この探偵社で適任なのはお前達しかいない。協力してくれるか?」 「も、もちろんです!殺すっていうのは気が引けますけど
  • 前のページ -. 異能特務課だ。」 烏丸は上司から発せられた言葉に耳を疑った。あの機関は異能をもつ人間を管理するところだ、超生物の暗殺に使うとなると
  • 教室に入ったら私が仕掛けてみる。動き方はどんなに速くても人は変わらない。」 鏡花の目は本気だった。瞳から光は消えて、自身の闇を使う気だった。 「

福沢諭吉を見た。 背筋が勝手に伸びていくのを感じる。 男から発せられる威圧感は、彼がただ者ではない事を示していた。 「私は福沢諭吉と言う。横浜の異能組織、"武装探偵社"の社長を勤めている。」 武装探偵社。 横浜にその組織ありと言われ、数多の命を救ってきた夜と闇の世界から、横浜を守った異能力者集団。 烏丸もその名は知っていた、知っていたからこそためらった。 「それでは貴女方、探偵社が生徒達とあのタコを殺すと言うのですね。」 一応確認をとると、上司は頷く。 「しかし生徒達への護衛もかねてだ、我が社からは最も年齢が適しており、それに十分な実力を持った二人の社員を送りたいと思う。」 手渡された書類を見る。 中島敦 異能力、月下獣。 泉鏡花 異能力、夜叉白雪。 写真に写ったあどけない二人の少年少女。 けれどもいくつもの修羅場を潜り抜けた者なのだろう。 私も、もちろん行く。暗殺は私の得意分野って言っても過言じゃない、それにここでは生かせないこの技術を生かせるから。」 二人の目は本気だった。 福沢は安堵したように小さく微笑むと、立ち上がった。 「任務開始は明日、制服等は既に寮のほうへ届いているはずだ。今日はもう退社し明日に備えると良い。」 「「失礼しました」」 二人は社長室から出ると、退社することを国木田へ伝えに行く。 「 私も、もちろん行く。暗殺は私の得意分野って言っても過言じゃない、それにここでは生かせないこの技術を生かせるから。」 二人の目は本気だった。 福沢は安堵したように小さく微笑むと、立ち上がった。 「任務開始は明日、制服等は既に寮のほうへ届いているはずだ。今日はもう退社し明日に備えると良い。」 「「失礼しました」」 二人は社長室から出ると、退社することを国木田へ伝えに行く。 「 了解です、今から向かいます。」 電話を終えた敦の顔は、切羽詰まったようにしかめていた。 「 生徒達が暗殺という非日常にも慣れ、毎日担任にナイフを振るう、ある日のこと。 烏丸は珍しく上司に呼び出されていた。 どうせ新しい刺客か、殺せないことへの愚痴を聞かされるのだろう。 鬱な気分でノックをして部屋へと入る。 すると、予想通り上司はイライラとした様子で座っていた。 「何かご用でしょうか。」 かしこまった口調で烏丸が問いかけると、上司は立ち上がり窓へと歩いた。 「あの超生物のことだ、分かっているだろう。 ハニートラップを得意とする暗殺者でもダメだった。この結果を受けて、上は"ある機関"を使う事にしたらしい。」 「ある機関、と言いますと。」 「

"" ""     .

この作品の前後に投稿された作品

わかった、そこで私と敦でその超生物を殺せば良いってこと?」 敦よりも早く結論を出した鏡花に、福沢は口を開く。 「月の次は地球を爆破すると超生物は言っている、もし実現されてしまえば世界、横浜ももちろん無き物になるだろう。それだけは絶対に避けねばならん。急で無茶な依頼だとは分かっている。しかし、この探偵社で適任なのはお前達しかいない。協力してくれるか?」 「も、もちろんです!殺すっていうのは気が引けますけど 生徒達が暗殺という非日常にも慣れ、毎日担任にナイフを振るう、ある日のこと。 烏丸は珍しく上司に呼び出されていた。 どうせ新しい刺客か、殺せないことへの愚痴を聞かされるのだろう。 鬱な気分でノックをして部屋へと入る。 すると、予想通り上司はイライラとした様子で座っていた。 「何かご用でしょうか。」 かしこまった口調で烏丸が問いかけると、上司は立ち上がり窓へと歩いた。 「あの超生物のことだ、分かっているだろう。 ハニートラップを得意とする暗殺者でもダメだった。この結果を受けて、上は"ある機関"を使う事にしたらしい。」 「ある機関、と言いますと。」 「 この作品の前後に投稿された作品 気になるあの子 埋火揺れる(サンプル).

Pixivへようこそ

前のページ -. わかった、社長直々の任務なら絶対に成功させねばならん。今日は退社し、体を休めてから明日の任務に望むと良い。」 「いーなー、敦君。私も中学校に行って教師とかしてみたいなー、というか早く帰りたいのだけれど。」 「お前のような者に教師が勤まるか。それより働け唐変木。」 いや、意外と教えるのはうまそうだぞ? 「とりあえず、今日はもう失礼しますね。 国木田さん、明日学校終わったら今日の分の書類とか纏めて出すので待っててくれますか?」 「いや、良い。太宰にでもまとめさせておくから気にするな、お前達はさっさと帰れ。」 鏡花は先に仕上げておいた書類を国木田に渡すと、敦の手を引いて社を出た。 社員寮へ戻ると、揃えて置いてある綺麗な制服が2着。 それぞれ目を合わせると、二人はためしに来てみることにした。 敦の制服は規定のシャツに黒いネクタイ、いつもの長すぎるベルトに、下の黒いズボンを曲げている。 鏡花の制服は、規定のシャツにネクタイ、薄桃色のニットに黒の靴下だった。 あぁ、君達が武装探偵社の方か。」 「はい、中島敦です。こっちは泉鏡花ちゃん。」 ペコリと頭を二人で下げると、男性は自身を烏丸と名乗った。 「それでは二人を教室に案内する、中さんと泉さんには異能の使用は許可されているので暗殺に力を注いで欲しい。」 「

JavaScript Javascript.

Pixivへようこそ

どこかの異能組織の手を借りるのですね。しかしどこを?」 「我々だ、防衛省の方。」 振り返った烏丸は、そこにいつのまにか佇む男 この作品の前後に投稿された作品 気になるあの子 埋火揺れる(サンプル). 了解です、今から向かいます。」 電話を終えた敦の顔は、切羽詰まったようにしかめていた。 「 ウェブブラウザのJavaScript ジャバスクリプト の設定が無効になっています。 Javascriptが無効になっていると、サイト内の一部機能がご利用いただけません。.

"" .


Facebook
Twitter
コメント
Satoko 21.07.2020 16:43 答える

この作品の前後に投稿された作品 気になるあの子 埋火揺れる(サンプル).

Annaisha 22.07.2020 18:14 答える

それがどうしても殺らなくちゃいけない事なんなら、僕は引き受けます。」 「 誰の趣味だろうか、これ。 「制服なんて着たの始めてだよ!へぇ、意外と動きにくいね。」 「こんなに短いスカート、着たの始めて

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2015-2020 atelier-kv.com 権利留保
このサイトへのアクティブなリンクを使用する場合、コピーと引用が許可されます.