ハンニバル と スキピオ

発行者: 13.07.2020

ハンニバルは 紀元前年 、 アプリア に進撃するが、同年にタレントゥムを失ってしまう。また 紀元前年 には ロクリ を攻略するローマ軍を蹴散らし、執政官 マルクス・クラウディウス・マルケッルス を戦死させるものの、タレントゥムの損失は大きく、補給のおぼつかない彼の行動地域は制限を受けてしまう。さらにローマが ルカニア 地方、 サムニウム 地方を取り戻すと、南イタリアでのハンニバルの戦略的な主導権は奪われてしまう。.

ツール リンク元 関連ページの更新状況 ファイルをアップロード 特別ページ この版への固定リンク ページ情報 ウィキデータ項目 このページを引用.

ハンニバルはスキピオに対して、ローマとカルタゴは相互不可侵とし、 地中海 を境に北をローマ領とし、南をカルタゴ領とするという休戦条件を提案する。しかしスキピオはこのたびの戦争はハンニバルのザグントゥム侵略が発端だと指摘、ローマ人はカルタゴ人を信用できないと拒否する。個人的には互いの才能を高く評価していた2人であったが、交渉は決裂した。.

ハンニバルはローマ史上最強の敵としてローマ人の記憶に残った。ハンニバルにまつわる記述のほとんどは後世のローマ人によるものであるため、当然ながらローマの敵として彼の能力は高く評価されつつも、人間味のない恐るべき将軍として書かれている。多くの記録には決まり文句のように「彼は残虐きわまりなかった」と書かれており、ティトゥス・リウィウス、さらに キケロ でさえもそのような表現を使っている。.

テンプレート - ノート. 案内メニュー 個人用ツール ログインしていません トーク 投稿記録 アカウント作成 ログイン. ヘルプ ヘルプ 井戸端 お知らせ バグの報告 寄付 ウィキペディアに関するお問い合わせ.

青年漫画 、 歴史漫画. 第一次ポエニ戦争 で シチリア を 共和政ローマ に奪われると、ハンニバルの父、ハミルカルは当時未開であった イベリア半島 の 植民地 化政策に乗り出す。そして植民都市 カルタゴ・ノウァ を建設し、 イベリア人 諸 部族 をまとめて兵士を集め、軍隊を養成した。 ティトゥス・リウィウス によると、ハンニバルが父に同行を願い出た際、父はハンニバルを バアル の神殿に連れて行き、息子に一生ローマを敵とする事を誓わせたという。ハミルカルの死後、ハンニバルは、ハミルカルの娘婿であり義理の兄にあたる ハシュドゥルバル のもとで少年期を過ごす。.
  • 紀元前年 、ハンニバルは再度北上してアプリア地方を制圧、ここでイベリア半島から西進する弟・ ハスドルバル の支援を待ったが、ハスドルバルはその途上に メタウルスの戦い で戦死してしまう。さらにハンニバルと行動を共にしていた弟・ マゴ の リグリア 攻略失敗、またピリッポス5世との連携の失敗などによって、南イタリアでの主導権回復の術を失う。このようにローマはハンニバルの指揮下にない敵対勢力を徐々に削り取っていった。.
  • ハンニバルがアプリア地方に封じ込まれる中、ローマではヒスパニアで功績を挙げたスキピオが攻勢に転じようとしていた。 シチリア 島を占拠した後、彼はそこを拠点にして 志願兵 を募り養成していたが、カンナエの戦いの失敗から攻勢への転換に踏み切れない元老院は、当初スキピオに渡航許可を与えなかった。曲折を経てようやく元老院の許可(実際は黙認であり、スキピオへの援助・援軍は約束されなかった)が出たスキピオは、軍勢とともにアフリカに渡航する。いきなりハンニバルを無視して本土に現れた敵にカルタゴ政府は驚き、 ヌミディア 王国の シュファクス 率いる騎兵を援軍として戦うが敗北した。. タイトルの「 アド・アストラ 」とは、 ラテン語 の「 per aspera ad astra 」(困難を克服して栄光を掴む)という格言から取られたもの。カガノはハンニバルという途轍もない困難を乗り越えて栄光を掴む、ローマ人達の成長物語として本作を描いたと語っている [1] 。.

同シリーズ 全13冊

紀元前年 、ハンニバルは再度北上してアプリア地方を制圧、ここでイベリア半島から西進する弟・ ハスドルバル の支援を待ったが、ハスドルバルはその途上に メタウルスの戦い で戦死してしまう。さらにハンニバルと行動を共にしていた弟・ マゴ の リグリア 攻略失敗、またピリッポス5世との連携の失敗などによって、南イタリアでの主導権回復の術を失う。このようにローマはハンニバルの指揮下にない敵対勢力を徐々に削り取っていった。. 第一次ポエニ戦争 で シチリア を 共和政ローマ に奪われると、ハンニバルの父、ハミルカルは当時未開であった イベリア半島 の 植民地 化政策に乗り出す。そして植民都市 カルタゴ・ノウァ を建設し、 イベリア人 諸 部族 をまとめて兵士を集め、軍隊を養成した。 ティトゥス・リウィウス によると、ハンニバルが父に同行を願い出た際、父はハンニバルを バアル の神殿に連れて行き、息子に一生ローマを敵とする事を誓わせたという。ハミルカルの死後、ハンニバルは、ハミルカルの娘婿であり義理の兄にあたる ハシュドゥルバル のもとで少年期を過ごす。. このハンニバルのアルプス山脈越えのルートは詳しくは分かってはおらず、現在でも 歴史家 の間で意見が異なっている。ともあれ、ハンニバルは山中のガリア人を驚かせるために、戦象を先頭にして 行軍 をはじめた。途中で遭遇した ガリア人 には「敵はローマ人だ」と伝え、基本的には金品を贈って懐柔した。 雪 が降るほどの 寒さ や 疲労 、狭い山道と 崖 など、行軍は困難をきわめたが、彼らはアルプスを越えた。イタリアに到着した時点で、ハンニバルの軍勢は歩兵 、騎兵 にまで減った [3] 。.

第二次ポエニ戦争 を開始した人物とされており、連戦連勝を重ねた戦歴から、カルタゴが滅びた後もローマ史上最強の 敵 として後世まで語り伝えられていた。年以上経た現在でも、その 戦術 は研究対象として各国の 軍隊 組織から参考にされるなど、 戦術家 としての評価は非常に高い。. 勝利したカルタゴ側では余勢を駆って一気にローマを攻略すべきだという意見があり、特に騎兵隊長の マハルバル が強く進言したが、ハンニバルは 攻城兵器 や 兵站 の不足という戦略上の理由から、首都 ローマ への進軍を選択せずにローマ同盟都市の離反を図ることを決定する。この時、マハルバルはハンニバルに対し「あなたは勝利を得ることができるが、それを活用することは知らない」と言ったという。.

  • 表示 閲覧 編集 履歴表示.
  • 最終更新 年3月12日 木 (日時は 個人設定 で未設定ならば UTC )。 テキストは クリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンス の下で利用可能です。追加の条件が適用される場合があります。詳細は 利用規約 を参照してください。 プライバシー・ポリシー ウィキペディアについて 免責事項 開発者 統計 Cookieに関する声明 モバイルビュー.

: Wikipedia. 312 UTC - Cookie .

アド・アストラ ―スキピオとハンニバル― 1 のユーザーレビュー

都市国家 の枠を飛び出し、 イタリア半島 の統一を成し遂げたローマ共和国。旭日の勢いを背に 地中海世界 の覇権を握らんと勇躍するものの、この新興国の前には立ちはだかる巨大な影があった。アフリカ北岸に位置する強国・カルタゴ。交易によって地中海の富を一手に収めるこの国がローマの台頭を許すはずもなく、やがて両国は シシリア島 を巡って干戈を交え、ローマは二十余年に渡る戦いの果てに勝利する( 第一次ポエニ戦争 )。敗戦によりそのまま衰亡するかに見えたカルタゴであったが、しかし一人の「怪物」の出現によって息を吹き返した。 イベリア半島 を統治する バルカ家 に生を受けたその男 ハンニバル・バルカ は、軍司令官に任命されるやたちまちイベリアのローマの 同盟都市 を陥落させ、本国に無断でローマとの戦端を開く( サグントゥム包囲 )。さらに 戦象 と共にアルプスを越え、誰もが想像しなかった手段でカルタゴ軍のイタリア侵攻を実現させた( ローヌ渡河戦 、 ハンニバルのアルプス越え )。神韻を帯びたが如き軍才を振るうハンニバルは、行く手を塞ぐローマ軍を次々と粉砕し、イタリア半島を我が物顔で進撃する( ティキヌスの戦い 、 トレビアの戦い 、 トラシメヌス湖畔の戦い )。その魔術のような軍略にローマの将兵は手も足も出ず、あたかも掌で転がされるかのように無残な敗退を繰り返した。.

カテゴリ : 漫画作品 あ 年の漫画 ウルトラジャンプ 歴史漫画 第二次ポエニ戦争 古代ローマを題材とした作品 歴史の人物を題材とした作品. チュニジア で流通している5 ディナール 紙幣に肖像が使用されている。. 典拠管理 WorldCat Identities BNE : XX BNF : cbk データ GND : ISNI : X LCCN : n NDL : NKC : jn NLA : SELIBR : SNAC : w6mh50n0 SUDOC : X ULAN : VIAF :

46, 30 3. [3] .

漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

ツール リンク元 関連ページの更新状況 ファイルをアップロード 特別ページ この版への固定リンク ページ情報 ウィキデータ項目 このページを引用. このハンニバルのアルプス山脈越えのルートは詳しくは分かってはおらず、現在でも 歴史家 の間で意見が異なっている。ともあれ、ハンニバルは山中のガリア人を驚かせるために、戦象を先頭にして 行軍 をはじめた。途中で遭遇した ガリア人 には「敵はローマ人だ」と伝え、基本的には金品を贈って懐柔した。 雪 が降るほどの 寒さ や 疲労 、狭い山道と 崖 など、行軍は困難をきわめたが、彼らはアルプスを越えた。イタリアに到着した時点で、ハンニバルの軍勢は歩兵 、騎兵 にまで減った [3] 。. 都市国家 の枠を飛び出し、 イタリア半島 の統一を成し遂げたローマ共和国。旭日の勢いを背に 地中海世界 の覇権を握らんと勇躍するものの、この新興国の前には立ちはだかる巨大な影があった。アフリカ北岸に位置する強国・カルタゴ。交易によって地中海の富を一手に収めるこの国がローマの台頭を許すはずもなく、やがて両国は シシリア島 を巡って干戈を交え、ローマは二十余年に渡る戦いの果てに勝利する( 第一次ポエニ戦争 )。敗戦によりそのまま衰亡するかに見えたカルタゴであったが、しかし一人の「怪物」の出現によって息を吹き返した。 イベリア半島 を統治する バルカ家 に生を受けたその男 ハンニバル・バルカ は、軍司令官に任命されるやたちまちイベリアのローマの 同盟都市 を陥落させ、本国に無断でローマとの戦端を開く( サグントゥム包囲 )。さらに 戦象 と共にアルプスを越え、誰もが想像しなかった手段でカルタゴ軍のイタリア侵攻を実現させた( ローヌ渡河戦 、 ハンニバルのアルプス越え )。神韻を帯びたが如き軍才を振るうハンニバルは、行く手を塞ぐローマ軍を次々と粉砕し、イタリア半島を我が物顔で進撃する( ティキヌスの戦い 、 トレビアの戦い 、 トラシメヌス湖畔の戦い )。その魔術のような軍略にローマの将兵は手も足も出ず、あたかも掌で転がされるかのように無残な敗退を繰り返した。.

ラテン語には「戸口にハンニバルがいた Hannibal erat ad portas 」、「危険が迫っていた」という意味の格言がある [7] 。ここから転じ、イタリアでは今でも子供が悪いことをすると「ハンニバルが来てあなたを連れて行ってしまうよ」と叱ることがあるなど、ハンニバルが未だに恐怖の代名詞となっていることがうかがわれる。他方、 ローマ人 に制圧されてきた国では、彼らがカルタゴの後裔であると否とを問わず、ハンニバルを英雄として称える場合がある。.

ザマの戦いから数年後、 エフェソス に亡命していたハンニバルは、使節として同地を訪れたスキピオと再会し、しばし言葉を交わしたというエピソードが ティトゥス・リウィウス によって伝えられている。スキピオが史上もっとも偉大な指揮官は誰かと問いかけると、ハンニバルは「第一に アレクサンドロス大王 、第二に ピュッロス ( エペイロス 王)、そして第三に自分だ」と答えた。スキピオが重ねて「 ザマの戦い であなたが私を破っていたら」と問うと、「アレクサンドロスを越えてわたしが史上第一の指揮官になっていた」と率直に答えたという [6] 。.

[6]. 1019 .

詳細は「 ハンニバルのアルプス越え 」を参照. なお、没年は 紀元前年 か 紀元前年 とされるが、ハンニバルのかつての好敵手スキピオ・アフリカヌスもローマ元老院の 弾劾 を受けて政界を退き、ローマを離れた地で紀元前年に没している。. スキピオは先の会戦で ヌミディア 王 シュファクス を追撃して王位から引きずり下ろし、ローマ側についていた マシニッサ をヌミディア王に即位させていた。これによって、今まで重要な騎兵兵力をヌミディアに依存していたカルタゴ軍は、ローマに対する騎兵の優位を失った。このような状況の中、ハンニバルはスキピオに直接交渉を打診し、 紀元前年 10月19日 、ハンニバルは対峙する両軍の前でスキピオと会見した。.

1 [4] [5] .


Facebook
Twitter
コメント
Usagi 14.07.2020 23:19 答える

ツール リンク元 関連ページの更新状況 ファイルをアップロード 特別ページ この版への固定リンク ページ情報 ウィキデータ項目 このページを引用. ここに至ってローマは非常事態宣言を発令し、 クィントゥス・ファビウス・マクシムス を 独裁官 に任命する。ファビウスはハンニバルと対峙しつつ直接の戦闘は避けるという方針で臨んだ。ハンニバルはアプーリア(現在の プーリア )を荒し回り カンパニア へ進軍したが、ファビウスはハンニバル軍に接近するものの、ハンニバルが戦いの火蓋を切ろうとすると退くということを繰り返す。.

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2015-2020 atelier-kv.com 権利留保
このサイトへのアクティブなリンクを使用する場合、コピーと引用が許可されます.