村上 春樹 感想

発行者: 05.05.2020

加藤典洋の最新春樹論。村上文学が大衆には世界中でウケているが中国や韓国など隣国の知識層にまったく興味を持たれていないことを知った著者が、もっと論じられるべきだと考え、その材料を提示した一冊。たしかに日本でも好意的に書かれた春樹論は無数に出ているが 売れるからね あまり批判的な批評の対象にはならない じぇまん susan0smith そして、その「どうしようもなさ」をどうしようもないと受け入れながらも、その痛みを抱えたまま、それでも一歩前へと進んでみようか、ということを描いているから、だと思う。.

中島京子の『夢見る帝国図書館』である。 本読みといわれる種族にとっては、なんとも愛おしい小説だ。 中心に据えられているのは東京の上野に日本で

引用をストックできませんでした。再度お試しください 閉じる. トップ 年 10月 21日 アプリで作成. Posted by ブクログ 年06月30日. 今までにも村上春樹に関する文章を手掛けてきている著者による、最新の村上春樹論。  著者の「村上春樹イエローページ」は各村上春樹作品の謎解き的な面白さがあったのだが、本書では村上春樹自身の作家としての変遷を通して、これからの彼に何を期待しているかで終わっている。  確かに本書を読んでいると、村上春 主人公は最後に 「何かが間違っている。」 と気が付きます。(太字で書かれています。)つまり、主人公が眠れなくなった十七日間は現実ではなく、「何かが間違っている。」ものです。主人公が「不眠」と感じているものは不眠ではありません。.

susan0smith. susan0smith .

遠田潤子の『雪の鉄樹』です。 帯の「本の雑誌が選ぶ年度文庫ベストテン第1位」という惹句にそそられて七日町の八文字屋で昨年の30日に購

この映画に関するTwitter上の反応

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる. 牛河が、 助成金 の話を天吾に持ち出した時、牛河は天吾が長編小説を書いているのを知っていました。天吾が長編小説を書いているのを知っているのは小松と彼の年上のガールフレンドのみです。(BOOK2 第2章)つまり、天吾が長編小説を書いていることは、ガールフレンドから教団を通じて牛河に情報として伝わったのです。. 次に『 1Q84 』と『 ねじまき鳥クロニクル 』には共通して牛河という人物が出てきます。牛河を通じて『 1Q84 』世界と『 ねじまき鳥クロニクル 』世界は繋がっています。ただし、牛河は『 1Q84 』では、元弁護士で探偵のような仕事をしていますが、『 ねじまき鳥クロニクル 』では政治家の秘書をやっており、牛河の職業や環境は全然違います。おそらく、『 ねじまき鳥クロニクル 』の世界は青豆が最初にいた1984年の世界であり、政治家秘書の方の牛河は1984年の住人なのです。.

中島京子の『夢見る帝国図書館』である。 本読みといわれる種族にとっては、なんとも愛おしい小説だ。 中心に据えられているのは東京の上野に日本で 続きを読む あくまで他の作家と同列に、普通に面白い作品として味わっている自分としては、まあ時が来れば読みましょう、くらいの感じではあるんだけどね。.

  • Facebook Twitter はてブ Pocket Feedly. ちょっと思ったのですが、株取引で儲けている戎野が『さきがけ』に 資金 を提供したのではないでしょうか?そう考えると、戎野は『さきがけ』に対して第三者的な人間ではなく、『さきがけ』の実質的な創設者であり、 パトロン であり、「 キングメーカー 」でもあるのだと言えます。.
  • ゴムの木については、映画『レオン』でレオンが世話をしていたゴムの木(正確には アグラオネマ という植物だそうですが)に関係していると言う方もいますね。).

Posted by 1101.

一応平成生まれ。小説やビジネス書中心に感想を書いてます。

Posted by ブクログ 年10月05日. Facebook Twitter はてブ Pocket Feedly. Posted by ブクログ 年01月19日. 仮説ですが、上記のようなことが天吾に起こったのは、中央線に乗る前の天吾は1984年の住人で、ふかえりに二俣尾へ手を引かれて連れて行かれることによって 1Q84 年世界に連れてこられたのだ、ということが考えられます。.

.

『世界は村上春樹をどう読むか』

じぇまん susan0smith 海外の人の視点からの村上春樹作品の解釈っていうのはけっこう学びがいがあって、へえ!そんな風に解釈するんだ!っていう驚きがある。日本人の視点ではどこか曖昧にしか分析できなかったことが「外」からの視点でクリアになることもある。. じぇまん susan0smith あとは、人に勧められるとしたら、海辺のカフカとかねじまき鳥クロニクルあたりかな。このあたりの読んでハマる人はぐいぐいハマっていくと思う。逆にこれらを読んで駄目な人は、他の読んでもやっぱりピンとこないんじゃないかなと思う。. ゴムの木については、映画『レオン』でレオンが世話をしていたゴムの木(正確には アグラオネマ という植物だそうですが)に関係していると言う方もいますね。).

susan0smith ! susan0smith ! Posted by 0514.

続きを読む 常に驚いたが、長年の謎が少し解けた気がする。その謎とは、村上作品の文体は翻訳調、内容は抽象的なため、純文学読者層にしか届かなそうなのに、何故こんなにも売れているのかという謎である。. Q1.青豆に 1Q84 年への通路を示したタクシーの運転手は何者か?(BOOK1 第1章). こういう事を言われても正直困るのですね。繰り返しになりますが、 村上春樹 作品は元々多義的な解釈を許す開かれた作品として作られています。これは 村上春樹 氏の著作が、そのような構造で作られているからです。.

この小説で1984年の元々の住人は青豆と天吾だけだと思われます。青豆は1984年から高速道路の非常階段を通って 1Q84 年に行き、最後に 1Q84 年から脱出します。.

Posted by 0104. Posted by 0614.


Facebook
Twitter
コメント

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2015-2020 atelier-kv.com 権利留保
このサイトへのアクティブなリンクを使用する場合、コピーと引用が許可されます.