毒 入り チョコレート 事件

発行者: 29.04.2020

引用をストックできませんでした。再度お試しください 閉じる. Wilson, at Philadelphia, just twenty years ago : 青酸カリ入りビールによる殺人で、迷宮入り事件だという。色々探したが全然ヒットしない。多分架空。 p 確率: かなり誤りの多い計算のような気がする… でも具体的に何が間違いなのかはパスしときます… p オニックス万年筆 Onyx fountain-pen :調べつかず。たぶん架空。当時の広告などからメーカー名を拾うとWaterman 年に万年筆の特許 , Sheaffer, Parker, Onoto, Wahl, Conklin, Dunn, Swan など。値段はもちろんピンキリですが安くて2.

htm, murderpedia.

未解決事件の概要を刑事から聞き出して、それを参加メンバーが調査・考察した上で、その推理結果を披露するという、この多重推理、多重解決のスタイルは、あからさまに言えば、犯人を一人に絞るだけの十分な手掛かりが示されていない段階で、ああだ、こうだと言い合っているだけにすぎない。 刑事の事前説明を読んだ時点で、後で6人の回答者が示した7人の犯人(うち1人はダミーの犯人)の内の3人までは犯人としての想定範囲内だったし、残りの4人についても、各人の調査内容が小出しに示されると早い段階で該当者に気づく程度のものであり、特に切れのある推理が示されるわけでもない。 各人の調査で徐々に明らかになるある人物の女性関係だが、当然警察でも把握してあるはずのことであり、事前の警察からの説明内容が簡略すぎて、これらの説明が省略されており、各人の思い込み、調査内容で推理に差が生じたのだと感じる。また、前の人が調べた証言が実は間違いでしたと次々と覆されるのでは、何でもありの状態で、馬鹿馬鹿しいとしか言いようがない。 最後の人物の回答も抜き差しならない証拠を示してはいないので仮説に過ぎず、さらにその証言も覆るかもしれないので、真相とは言い切れない。 (ネタバレ) ユーステス卿が小包を受け取った時の目撃者として、ベンディックスがレインボー・クラブに呼び出されたとチタウイックは語っているが、ベンディックスがレインボー・クラブに居たとしてもユーステス卿が小包を受け取ったことを目撃するとは限らないと思うのだが。.

Wilson, at Philadelphia, just twenty years ago : 青酸カリ入りビールによる殺人で、迷宮入り事件だという。色々探したが全然ヒットしない。多分架空。 p 確率: かなり誤りの多い計算のような気がする… でも具体的に何が間違いなのかはパスしときます… p オニックス万年筆 Onyx fountain-pen :調べつかず。たぶん架空。当時の広告などからメーカー名を拾うとWaterman 年に万年筆の特許 , Sheaffer, Parker, Onoto, Wahl, Conklin, Dunn, Swan など。値段はもちろんピンキリですが安くて2.

チョコレートに仕組まれた毒殺事件を「犯罪研究会」なる 6人のグル-プがお互いにその推理を披露しあい、一見そ のどれもが解釈として成り立ちそうに見えます。 ところが大部分の人の推理は別のデ-タによって否定され、 その中の一つだけが残る・・「探偵小説」による名探偵の 推理も作者の匙加減一つでどうにでもなる、後日「アンチ ミステリ」と称される先駆的作品です。 僕自身もどの推理に魅力を感じるかと聞かれたら、4番目 (人名は敢えて書かず)と答えるでしょうね・・それが否 定されるのですから、まさしくアンチ・ミステリ、後のこ の手の作品に大きな影響を与えたと同時に、このまさに黄 金時代の初期にこの性格の作品が書かれていたことに驚嘆 しました。 採点は正直6点クラスに感じますが、歴史的意義を勘案し てプラス1点。. 安易に読んでいると、どの結末でもそれで終わる可能性がある。その点はさすがによくできていると思うが、逆にいえば、ミステリのいい加減さも露呈する。 もちろん、凡人には思いつくことはできないけど。.

海外ミステリー マストリード 日経文芸文庫. 遥かな時を飛び越えて貫井徳郎「プリズム」に見事な本歌取りを成就させた本作ですが、多重解決を突き進めながらもスリルとサスペンスが充満していたかの近作と違い、こちらは純粋にゆんわりと論理の遊びを反芻して愉しんでいる様子。 そんな中に意表を突く展開や一定の緊張有る結末(?)もありますが、ちょっと空気が緩くて私の好みにジャストフィットとは行きません。 が、それなりに興味深くは読めます。エポックメイキングな作品と思います。好きな人にはたいへん面白かろう。 短篇「偶然の審判」の方は私も凄く好き(10点相当!)なんですけどね。. ロング・グッドバイ ハヤカワ・ミステリ文庫 チ

p Stories.  532.

いかにも強そうな人が下戸だったりするのがこの世の不思議。 対して、 帰納法 は幾つかのデータを並べて結論を推測する思考法。データが多ければ多いほど精度が上がります。. 読む前は事件パートと推理パートが独立していて会議室では無機質な推理合戦が繰り広げられるのかと思っていましたが、相互が絡み合うことで事態は複雑な展開をみせます。毎晩一人ずつ推理を披露するという趣向も面白い。 しかしながら、最後に明かされる真犯人の正体にどうも驚けない。その原因は途中で一度他の研究会メンバーに容疑がかかっていることが大きいでしょう。しかも真犯人の名前は痴情絡みで唐突に浮上しており、これだったら別に誰が真犯人でもよかったかなと思わされます。 さらに全体に渡って事件的な面白さも物語的な面白さもほぼありません。構成点のみで7点です。. 度胸 ハヤカワ・ミステリ文庫 フ 競馬シリーズ.

The Poisoned Chocolates Case/A.Berkeley

度胸 ハヤカワ・ミステリ文庫 フ 競馬シリーズ. 安易に読んでいると、どの結末でもそれで終わる可能性がある。その点はさすがによくできていると思うが、逆にいえば、ミステリのいい加減さも露呈する。 もちろん、凡人には思いつくことはできないけど。. 採点傾向 1 2 No. 多重推理・多重解決(無解決とも解し得るが)の先鞭を付けた作品とされており、読み応えもあるのだが、推理合戦の過程で、当該推理者しか知り得ない新たな証拠が続々と提出される展開は、極めていただけない。 各推理が、いわば犯人を特定するための証拠調べのプロセスとなっており、これでは「各推理が独立した推理合戦」というよりは「推理合戦全体が1つの推理プロセス」と解すべきであるように思える。 多重推理として構成するのであれば、前記証拠の全体像を先に示したうえで、それ以降は新たな証拠が提出されることなく、証拠の取捨選択と解釈だけで各推理を誤導させてほしかった。 冒頭に発生する犯行の態様と結果は極めて興味深く、その貯金で逃げ切った作品.

それまでのミステリで名探偵が提示する解決は一つだったけれど、そんなのは論理的にいくらでも考えられるぞ、と言って五つ六つ並べて眩惑させる。 コンセプトとテクニックと両方持っているのが凄い。. 悪党どものお楽しみ (ミステリーの本棚).

  • 本サイトでは有数の人気作だ。けどねえ、この人気評者はよくわかんないや。なのでわざと点を下げるために悪い点をつけます。いや評者はちゃんと楽しんだよ。 多重解決モノというよりも、もちょっとメタなミステリ創作論みたいなあたりにポイントがあるように感じるよ。 技巧的な論証は、ほかの技巧的なものがすべてそうであるように、ただ選択の問題です。何を話し、何をいい残すかを心得ていさえすれば、どんなことでも好きなように、しかも充分に説得力をもって、論証することができます。 シェリンガムの方が主役なのか、チタウィック氏が主役なのか、どっちなんでしょうねぇ。 「トライアル&エラー」を先に読んだ当方は、チタウィック氏重視で読み進めていたんですが・・・。 チタウィック氏の言動が、ダメおやじを思い起こさせる(笑).
  • 遥かな時を飛び越えて貫井徳郎「プリズム」に見事な本歌取りを成就させた本作ですが、多重解決を突き進めながらもスリルとサスペンスが充満していたかの近作と違い、こちらは純粋にゆんわりと論理の遊びを反芻して愉しんでいる様子。 そんな中に意表を突く展開や一定の緊張有る結末(?)もありますが、ちょっと空気が緩くて私の好みにジャストフィットとは行きません。 が、それなりに興味深くは読めます。エポックメイキングな作品と思います。好きな人にはたいへん面白かろう。 短篇「偶然の審判」の方は私も凄く好き(10点相当!)なんですけどね。.

1. p Stories .

毒入りチョコレート事件【新版】 創元推理文庫. 全国15カ所以上で開催されている翻訳ミステリー読書会。その主だったメンバーのなかでも特にミステリーの知識が浅い2人が、 杉江松恋 著 『読み出したら止まらない! 海外ミステリー マストリード』 をテキストに、イチからミステリーを学びます。 「ああ、フーダニットね。もちろん知ってるよ、 ブッダ の弟子でしょ。 手塚治虫 のマンガで読んだもん」( 名古屋読書会・加藤篁 ) 「 後期クイーン問題 ? やっぱフレディの死は大きいよね。マジ泣いちゃったなー。 We will rock youuuu!!! とまあ、ここまで自分で調べたようにエラそうに書いてきましたが、実は1月末にこの『毒チョコ』を課題本にしたぷち読書会が名古屋で行なわれ、そこで参加者の皆さんにいろいろ教えてもらったのでした。そのときに、この『毒チョコ』の原型にあたる短編では、4番目に発表した シェリンガム 氏の推理が唯一の正解として描かれているとのことも教えてもらい、また、クリスチアナ・ブランドによる「『毒入りチョコレート事件』第七の解答」も読ませてもらいました。  このぷち読書会は、 名古屋市科学館 で開催されている「チョコレート展」の見学に合わせて企画されたのだそうです。僕は読書会のみの参加だったけど、さらに夜は ベルギービール と食事で盛り上がったとのこと。何がメインだかよくわからないところは名古屋読書会安定のノリだったようです。.

HM. htm, murderpedia.

チョコレートによる婦人毒殺事件の真相を、「犯罪研究会」のメンバー6人が順に推理する。それぞれの推理がまさに六者六様で楽しませてくれる。物語全体が事件の謎解きに終始しており、無駄のない文章であることも読み進めるにあたって心地よかった。  「理論的推理小説」と銘打ってあるように、6人のメンバーが順に推理を開陳することで、フーダニットのロジック品評会のような様相を呈しているため、ロジックを楽しむタイプの読者にも好まれるのでは。  そのロジックは、「こういうことをするのは・・・な人だ」的な、多分に主観的な要素もあるが(例えば3人目の発表者・ブラッドレーが挙げた犯人の条件など顕著である)、物理的・客観的な視点でそれらの難点を指摘することは、こういう古典作品にはそぐわない。彼らのいわば「プロファイリング」を受け入れたり、時には疑問を抱いたりしながら、味わうことに楽しみがある。主人公のロジャー・シェリンガムが4番目で、それさえも覆されていく展開に作者の独創性も感じ、今読んでも十分に楽しめる一冊だと思う。.

毒入りチョコレート事件【新版】 創元推理文庫. 全国15カ所以上で開催されている翻訳ミステリー読書会。その主だったメンバーのなかでも特にミステリーの知識が浅い2人が、 杉江松恋 著 『読み出したら止まらない! 海外ミステリー マストリード』 をテキストに、イチからミステリーを学びます。 「ああ、フーダニットね。もちろん知ってるよ、 ブッダ の弟子でしょ。 手塚治虫 のマンガで読んだもん」( 名古屋読書会・加藤篁 ) 「 後期クイーン問題 ? やっぱフレディの死は大きいよね。マジ泣いちゃったなー。 We will rock youuuu!!!

  • チョコレートに仕組まれた毒殺事件を「犯罪研究会」なる 6人のグル-プがお互いにその推理を披露しあい、一見そ のどれもが解釈として成り立ちそうに見えます。 ところが大部分の人の推理は別のデ-タによって否定され、 その中の一つだけが残る・・「探偵小説」による名探偵の 推理も作者の匙加減一つでどうにでもなる、後日「アンチ ミステリ」と称される先駆的作品です。 僕自身もどの推理に魅力を感じるかと聞かれたら、4番目 (人名は敢えて書かず)と答えるでしょうね・・それが否 定されるのですから、まさしくアンチ・ミステリ、後のこ の手の作品に大きな影響を与えたと同時に、このまさに黄 金時代の初期にこの性格の作品が書かれていたことに驚嘆 しました。 採点は正直6点クラスに感じますが、歴史的意義を勘案し てプラス1点。.
  • ネタバレなしです  年発表のロジャー・シェリンガムシリーズ第5作の本書は大胆な趣向が多いバークリーの作品中でも極めつけの作品だと思います。複数の探偵役による多重解決ものの本格派推理小説は本書の後にも何作も登場していますが今なお本書の価値は色褪せていません。物語の3分の2が解決編という構成からして破格ですし、あちこちに「常識破り」の爆弾が仕掛けてあります。探偵役が推理を披露している途中なのに犯人として指摘されようとしている名前を傍聴者役が先回りしてばらしてしまう場面なんか思わずのけぞりました。しかしそんなのはほんの肩ならし程度の型破りです。.
  • まあ あの 〇〇小事件など衆目の元に行われた例外的な事件は別として、犯罪の真相など神と本人のみぞ知るだから、「文学」の立場からしたら どこまでも「解釈」あるのみだろ。でもこれ、普通の「ミステリ」なんだから「神の視点」から解決してもらわなきゃなあ。でなきゃ、余韻を残した「文学」か「アンチミステリー」に昇華させるか。.
  • Never have done, since I was an infant.

Wilson, Sheaffer.        . 152  . 67134. htm.

多重推理・多重解決(無解決とも解し得るが)の先鞭を付けた作品とされており、読み応えもあるのだが、推理合戦の過程で、当該推理者しか知り得ない新たな証拠が続々と提出される展開は、極めていただけない。 各推理が、いわば犯人を特定するための証拠調べのプロセスとなっており、これでは「各推理が独立した推理合戦」というよりは「推理合戦全体が1つの推理プロセス」と解すべきであるように思える。 多重推理として構成するのであれば、前記証拠の全体像を先に示したうえで、それ以降は新たな証拠が提出されることなく、証拠の取捨選択と解釈だけで各推理を誤導させてほしかった。 冒頭に発生する犯行の態様と結果は極めて興味深く、その貯金で逃げ切った作品.

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる. 読む前は事件パートと推理パートが独立していて会議室では無機質な推理合戦が繰り広げられるのかと思っていましたが、相互が絡み合うことで事態は複雑な展開をみせます。毎晩一人ずつ推理を披露するという趣向も面白い。 しかしながら、最後に明かされる真犯人の正体にどうも驚けない。その原因は途中で一度他の研究会メンバーに容疑がかかっていることが大きいでしょう。しかも真犯人の名前は痴情絡みで唐突に浮上しており、これだったら別に誰が真犯人でもよかったかなと思わされます。 さらに全体に渡って事件的な面白さも物語的な面白さもほぼありません。構成点のみで7点です。. いかにも強そうな人が下戸だったりするのがこの世の不思議。 対して、 帰納法 は幾つかのデータを並べて結論を推測する思考法。データが多ければ多いほど精度が上がります。.

14   .


Facebook
Twitter
コメント
Masaaki 06.05.2020 20:55 答える

未解決事件の概要を刑事から聞き出して、それを参加メンバーが調査・考察した上で、その推理結果を披露するという、この多重推理、多重解決のスタイルは、あからさまに言えば、犯人を一人に絞るだけの十分な手掛かりが示されていない段階で、ああだ、こうだと言い合っているだけにすぎない。 刑事の事前説明を読んだ時点で、後で6人の回答者が示した7人の犯人(うち1人はダミーの犯人)の内の3人までは犯人としての想定範囲内だったし、残りの4人についても、各人の調査内容が小出しに示されると早い段階で該当者に気づく程度のものであり、特に切れのある推理が示されるわけでもない。 各人の調査で徐々に明らかになるある人物の女性関係だが、当然警察でも把握してあるはずのことであり、事前の警察からの説明内容が簡略すぎて、これらの説明が省略されており、各人の思い込み、調査内容で推理に差が生じたのだと感じる。また、前の人が調べた証言が実は間違いでしたと次々と覆されるのでは、何でもありの状態で、馬鹿馬鹿しいとしか言いようがない。 最後の人物の回答も抜き差しならない証拠を示してはいないので仮説に過ぎず、さらにその証言も覆るかもしれないので、真相とは言い切れない。 (ネタバレ) ユーステス卿が小包を受け取った時の目撃者として、ベンディックスがレインボー・クラブに呼び出されたとチタウイックは語っているが、ベンディックスがレインボー・クラブに居たとしてもユーステス卿が小包を受け取ったことを目撃するとは限らないと思うのだが。.

Kaiya 05.05.2020 10:43 答える

多重推理・多重解決(無解決とも解し得るが)の先鞭を付けた作品とされており、読み応えもあるのだが、推理合戦の過程で、当該推理者しか知り得ない新たな証拠が続々と提出される展開は、極めていただけない。 各推理が、いわば犯人を特定するための証拠調べのプロセスとなっており、これでは「各推理が独立した推理合戦」というよりは「推理合戦全体が1つの推理プロセス」と解すべきであるように思える。 多重推理として構成するのであれば、前記証拠の全体像を先に示したうえで、それ以降は新たな証拠が提出されることなく、証拠の取捨選択と解釈だけで各推理を誤導させてほしかった。 冒頭に発生する犯行の態様と結果は極めて興味深く、その貯金で逃げ切った作品.

Akemi 01.05.2020 18:44 答える

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる. まず、このたびは拙著を鍛錬のテキストにお選びいただいたことにお礼申し上げます。   アントニイ・バークリー 『毒入りチョコレート事件』は、事件発生から推理で終わる解決までの道筋が単線ではなく、複線に分岐しているという多重解決ものの嚆矢といえる作品です。 シェリンガム ものの長篇はすべて訳されているので、このあともし余力があれば作品を最初から順番に読み直し、本書までたどりついてみてください。バークリーは天才気取りの シェリンガム に試練を与え、翻弄することを実に楽しんでいます。ミステリーにおける探偵の立場の危うさにいち早く気づき、作品化したのがバークリーでした。  なお、『毒入りチョコレート事件』の原型といわれる短篇「偶然の審判」ですが、発表の順序に確証がないため、短篇が長篇に先んじた、という表現を『マストリード』では用いなかったことをここにお断りしておきます。  さて、次はパーシヴァル・ワイルド『悪党どものお楽しみ』ですね。あのユーモア・ミステリーをお二人がどう読まれるか。期待してお待ちいたします。.

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2015-2020 atelier-kv.com 権利留保
このサイトへのアクティブなリンクを使用する場合、コピーと引用が許可されます.