グレルー 小説 甘

発行者: 19.04.2020

とりあえず、荷物を取りに家に帰った。 「ただいまー」 「ルーーシィーー!!」 帰ると、ギルダーツが駆け寄って来た。 「ルーシィお前、どこ行ってたんだ?担任に何も言わずに早退しただろ!」 忘れてた!あたしってばショックすぎてギルダーツに何も言わずに早退したんだった! 「どこ行ってたんだ?」 ギルダーツ!黒いオーラが見えます! 「ローグの家に行って…ました…。遊んでました…」 「ローグの家だとー!?おまっ、あれほどローグの家に行っちゃダメって言ってんのに!」 「ローグの家行ったらいずれ妊娠するぞ!」 しないわよ!確かに昔は女遊びが激しかったけど、今はもう遊んでないし、あたしには絶対手は出さないわよ! あたしは言ってやった。 「ギルダーツうざい!パパみたい!」 「パ・パパァ!?」 ショックで撃沈してるギルダーツを飛び越えて、自分の部屋に向かう。幸いなことにナツ達は部活。ギルダーツ以外誰もいない! あたしは自分の荷物をまとめると、家を出た。ギルダーツはショックで気絶してたから踏んだ。 「金持ちローグのお家に住むのー」 歌を歌いながらローグの家に入る。ローグの家のことなら何でも分かるわ! 「…明日から学校…、どうしよう。」 それより!家に電話かけとこーっと 『もしもし?あたし、ルーシィ!これからローグの家に住みます!お世話になりました!』 誰もいなかったから留守電。これで新しい生活が送れる!.

私、ルーシィ!極普通の中学生! 「ルーシィ、ご飯よ」 「はーい!」 ママに呼ばれて、ご飯を食べに行く。 ピンポーン すると、チャイムが鳴った。 「はーい。どちら様ですか~?」 「ルーシィいますか?」 ママが玄関に向かうと、ジュビアが立っていた。 「どうしたの?ジュビア。こんな時間に」 「実はね、人気アイドルのミラちゃんのライブのチケットが当たったの!」 ミラちゃん…。世界的アイドルのミラ。ミラちゃんは、アイドル学校フェアリー学園在校生トップに君臨してるんだって。 「ルーシィ、一緒に行きましょうよ!」 「いいよ、別に」 話はそれだけだったそうで、集合時間とかを決めるとジュビアは帰って行った。 ライブ当日 「あーーー、緊張する~」 「楽しみだね、ジュビア!」 会場に入って、ミラちゃんが来るのを待つ。 「「「「わあああああ!!!」」」」 ミラちゃんが入った瞬間、みんなは一斉に叫び始めた。 ミラちゃんはキラキラしていた。歌もダンスも完ぺきで、本当にキラキラしていた。ミラちゃん… 「ただいま~」 「おかえりなさーい」 家に帰っても、ライブのことを忘れられない。 「ママ、ミラちゃんってねキラキラしてるのよ」 「ヘェ~、そうなの~」 私は、興奮が押されられないまま眠りについた。 次の日 「ルーシィ!耳寄りな情報よ!」 「何々?」 「ミラちゃんがいるフェアリー学園の編入試験が行われるわ!」 フェアリー学園。別名アイドル養成学園とも呼ばれていて、ミラちゃんもそこにいる。 「ジュビアはその編入試験を受けるの?」 「受けるわ!」 「じゃあ、今の学校は?」 「もちろん、やめる!」 そっか…。ジュビア、いなくなっちゃうんだ… 「ルーシィも、一緒に受けましょう!」 私もそこへ行けば、ミラちゃんのようになれるかな? 「分かった、私受けるわ!」.

うちは、宮城県の、小5でっす!4月から、6年生! 杏奈は本名ではないです!FTと、おそ松さんと、カゲプロと、ラブライブ大好きです! もっと好きなものあるよ! ってことで!改めてよろしく!.

優さーん よろしくアンドはじめましてー 皆って近くの学校で学級閉鎖とかあった? おれはあったw テレビに出てた でうちのがっこうもなんか気をつけろってうるせぇ 俺は手洗いうがいしないでインフルにかかった事がない男だw. 家に入ると、グレイは壁を叩いて鋭い目であたしを見た。 「オレはお前みたいな女、認めねェ!」 「グレイ!」 家に住んでいるのはナツ・ギルダーツ・家主のグレイ・ロキ。グレイは、あたしを気に入らなかったみたいだ。 「スティングってのはいい。けどなァ、女は認めねェ。分かったら出て行け」 「グレイ!ルーシィちゃんが困ってるんだ」 「ンなこたァ、どーでもいいんだよ!」 グレイは自分の部屋に入って行った。 「ごめんね、ルーシィちゃん」 「ちゃんはやめて。それより、何かあったの?」 「オレも聞きてェ」 「…グレイには、女がいたんだ」 すると、静かだったナツが喋り始めた。 「ジュビアっつー女だ。ジュビアはグレイが大好きで、優しくて、どっかルーシィに似てて。グレイはジュビアを大切にしてたんだ。」 そこまで言うと、ナツは顔を伏せた。そして、ロキが続けた。 「ジュビアはフラリとどこかに行ったんだ。もう2年前のことさ。それでも、ジュビアは見つからない。まず、生きてるかどうかも分からないんだ。だけど、グレイはジュビアが生きてるって信じてる、ジュビアが戻って来るって信じてるんだ。だから、君のことを拒んだのさ」.

今日、グレイ君のクラスは昼休み前に体育…。その隙を狙って、フフフ… 涙が落ち着いてきたあたしは教室に戻る。もう昼休みだった。戻る途中にヒソヒソ言われたけど、全部無視した。あたしじゃないのに… 「ルーシィ!ギルダーツが弁当だって」 「え…?あ、ありがとう…」 ナツからお弁当を受け取る。開けてみると手の込んだ料理だった。 今日は職員会議だから朝早いのに…!あたしのために…! 「すごいな、ルーシィのお弁当」 「本当!いいわね~」 「いくらミラちゃんでもこれはあげられないわ!だって、大切な人が作ってくれたんだもん」 おかずを口に入れると変な味がした。でも、残すのは失礼よね?だから、あたしは残さずに食べた。 「ふぅ~。お腹いっぱーい」 「うふふ、ルーシィ。はしたないわよ」 「えへへ…。…うっ!」 「「ルーシィ!?」」 あたしは強烈な吐き気に襲われた。 「大丈夫!?」 「大丈夫…。ちょっとトイレ行ってくる…」 「大丈夫かしら…?」 「顔が真っ青だったぞ」 エルザが弁当箱を持ち上げると、ツンと鼻をつく匂いがした。空っぽになった弁当箱にグイッとエルザが顔を近づけてみる。 「こ・コレは…!」.

あ、あの……勝手に入ってしまってごめんなさい。皆さんの素敵な小説に、憧れて入りました。ここにいられる時間は数分…、いや、数秒かもしれないけれど、いい小説を一つだけ書かして頂きます!なるべくいい小説を書きますのでよろしくお願いします! ちなみに私はグレルー派です! では書きます。. ブロンドの髪が見える。 その瞬間、もうみんなは手遅れだと感じた。 マスターもじっと座り時を待っているようだった。 すべて開くと、ルーシィが立っていた。 黒いドレスを着て、高いヒールをはいて…顔をしたに向けていた。 泣いていた。理由はわからない。ただ、指の間から涙がこぼれていた。 「ルーシィ…」 ミラはすっと立ちルーシィを抱き締めた。 その瞬間、より大きな声でなきわめいた。 ミラは黙って抱いていた。 ドレスの横側が裂けていて、高そうなドレスとは対照的なのが太ももについており、中のが光った。 「…」 「どうした、ルーシィ?」 ナツが恐る恐る聞く。 「ごめんなざい…」 空気が柔らかくなった。 「!!」 ルーシィをみんなで抱き締めた。 そして、半泣きの飛びっきりの笑顔で「おかえり!!」と言った。 「ただいま…皆」 続く.

もう!何なのよ!あたしが一人でプンスカやってると、通路を挟んで隣の女の子が喋りかけてきた。 「私はミラ。この子はエルザよ。」 「よろしく頼む」 長い銀髪をなびかせているミラちゃんと、大人っぽい色気を出している赤いメガネをかけたエルザだ。 メガネが違うだけでこんなに違うのね… 「あたしはルーシィ。よろしくね!」 「ええ、よろしく。ねえ、質問いい?」 「うん!オッケーだよ!」 やっぱりまずは、質問よね~!相手のことを知らないと! 「どうしてメガネをかけているの?」 あー、そこですかー。ノーコメントで行きたいけど、せっかくできた友達だし~ 「えーと、あたし、すっごく目が悪いの!」 「そうなのか。」 「うん!」 よっしゃぁぁ!!誤魔化せた! 「どうしてジャージを着ているんだ?」 あ、これは言える! 「あたしのお兄ちゃんが着ろー、だって~」 「随分と妹想いなお兄さんね!」 そうなのかな?まあ、あたしがバカにされていることを知って転校を決めたしね!あたしのことを想ってくれてるのかしら?あんなケンカばっかのアホが.

… …… ……… …. … … … … …. F … … …. … … … …. …… ……… S .

思いつき あたしは暗殺者 人の命を奪うのが仕事 「やめて!この子だけはッ…!」 あたしは命を奪うとき、仮面を付ける あたしの感情を隠すために 「いやあぁぁ!」 血で真っ赤になった小さな女の子 あたしはそっと、仮面を外す 「ウッ…ウッ…」 そして、静かに涙を流す こんなとき、 あたしに感情が無ければいいのに と、思う 「ごめんね、ごめんね…」 謝ってからあたしは次なる目的地へ 足を進める 次の目的地は 魔導士ギルド・フェアリーテイル ターゲットは グレイ・フルバスター ナツ・ドラグニル ウェンディ・マーベル. ルーシィ> まじ!? インフルなったことないの? つよ!!!! なんか昔からからだよわくってー 怪力ってゆうあだ名があるのにねー グレイ祭? 知らないくわしく教えて!!!.

Pixivへようこそ

図々しいかもしれないけど、スカーレットって呼ぶね!小説楽しみしてるよ! てか、聞いて聞いて! 小説を5ページくらい書いたのが消えたの!悲劇だと思わない?! 金は要らないから、同情してほしいかも…。. うほほっからだがかるい! 朝はだるかったがいまはあるけるぞぉー 頭がわずかにふらつくがさっきに比べたら軽いぞー いいよおれは自由でさ 呼び捨てでおk 辛いものもたべれる限度がある キムチはOUT 辛いラーメンとかわからないw ケチャップ、マヨネーズもきらい いやー俺って変だなw.

学年へーさだおー! 『FAIRY TAIL』 日記に書いてある題名をそっと撫でた。光ったような気がした。 中を見ると1ページ目には大きな写真が乗っていた。何かの建物の前のようだ。 たくさんの人が集まっていた。その中には桜色の髪をした男の子がトロフィーを持って笑っていた。その隣にはブロンドの髪の女の子が笑っていた。 一瞬胸がつまり、日記をおき洗面所まで走った。 「はぁ、はぁ…」 顔をあげると鏡がおいてあった。 自分の姿はあまりにもヒントが多すぎた。 ブロンドのさらさらの髪。体の形。 唯一違うのは瞳の中の光だった。 部屋に戻り、また開いてみる。なんとなく一番後ろのページを見た。 『ルーシィへ』 そんな走り書きがあった。 『ルーシィへ あの吹雪の日に来た女の子は危険よ。理由はわからない。何か私のみにあるかもしれない。 でも、どんなことがあっても覚えていてほしいことがあるの。 いつも仲間はそばにいるって。 XX16 / 2.16 』 ルーシィの中で何かが弾けた。 続く.

夜華編 さっき、あいつはルーシィのことを華姫と呼んだ。どういう意味だ?【華姫】とは… 「風神の咆哮!」 「火竜の咆哮!!」 あいつ…ナツを押している! 「うわっ!!」 一発の咆哮だけで、ナツを吹き飛ばしただと!?それも、ナツも咆哮している状況で! 「換装!飛翔の鎧!!」 攻撃の威力が強いなら、スピードで勝負だ!攻撃が当たる前に避ける! 「読めるなァ…」 「!? なっ…!」 あいつの魔力を感じる能力を甘く見ていた!スピードでは、勝てない! 「おいおい、もっとオレを楽しませてくれよ。火竜と妖精女王だろォ?」 こいつ…強い!強すぎる!私達とは戦ってきた経験が違う・戦ってきた場所が違う・戦ってきた相手が違う!!!格が違いすぎる!! 「とっとと、お前らとお別れして、華姫…いや、ルーシィを迎えに行かせてもらうぜ 滅竜奥義・風遁螺旋竜剣!!!」 あいつは、螺旋状の剣を私達に向けて走り出してきた。.

百年前…東洋には、最強と呼ばれた一族があった。名前は夜華。しかし、夜華は絶滅を辿っていき、ハートフィリアと手を組んだ。そして、ハートフィリア・ヤカと名乗るようになった。 ハートフィリア・ヤカと名乗れるのは極一部の者だけ。レイラ・ハートフィリア・ヤカとジュード・ハートフィリア・ヤカもその一人だ。そして、レイラが産んだのは長男のイカムだ。イカムは、レイラとジュードの息子ということもあり、期待されていた。 そして、イカムが産まれて五年後。つまりイカムが五歳になった頃、ルーシィが産まれた。だが、ルーシィは女だ。誰も期待しなかった。そして、厄災はすぐに起きた。 九尾が里を襲ったんだ。九尾を倒すためには封印体が必要だった。そこで、夜華神風特攻隊はルーシィを封印体に選んだ。産まれたばかりで、女だからだ。そして、ルーシィに九尾を封印して夜華のほとんどは死んだ。もちろん、生き残りもいたさ。スイキナ・イカム・ルーシィだ。 スイキナは里をすぐに抜け、イカムはルーシィを夜華から守るためにルーシィを捨てた。これが百五十年前の話だ。.

  • あたしは数多くの命を奪ってきた 奪った奴の顔なんて 覚えていない だけど、フェアリーテイルの黒髪の男は 忘れられない あたしがもし、汚れてなかったら フェアリーテイルにいたのならば 『何か』が変わっていたのかもしれない 「本当、感情って邪魔よね」 あたしは出会ってはいけない感情に 出会ってしまった その感情の名は 『恋』 絶対に出会ってはならない感情 その感情を押し殺すために 仮面をつけて、暗殺する 仮面をつけて感情を隠す それがあたしの生き方だ ------------ 「あたしが汚れて、誰かが救われるというのなら、喜んでこの手血に染めましょう」 あたしは殺す 殺して紅に染まる あたしが汚れて 誰かが救われるというのなら 完結.
  • ルーシィは行く宛もなくて、虚ろな目で彷徨い歩く。小さな誰もいない公園に辿りついたとき、ルーシィの意識は途絶えバタンと倒れてしまった。 「本当にちょっとは心許してたんだぜ」 遠くなったルーシィの背中に呟くグレイ。教室に帰るかと思い踵を返すとグレイの視界に青い物体が見えた。ハッピーだ。 「おい、青丸なにしてんだ」 もちろん、ハッピーは青丸という名前じゃないので反応しない。グレイがハッピーに近づくと前足が赤くなっているのに気づいた。 「ケガ…?」 そしてそこに、女子生徒が身につけるスカーフが巻いてあった。 「にゃぁ~」 「そういえば、金髪のやつスカーフしてなかったな」 グレイはしゃがんでハッピーの傷を見る 「これ、刃物で切られた傷じゃねーか」 グレイはまさかルーシィか?と思ったが、だったら手当てしねーよな、と思い直した。 「グレイ君、授業始まるよ」 「こいつ、ケガしてんだ」 「そんなのどうでもいいから、早く行こ」 グレイはヤヨイの言葉に目を開く。ヤヨイはグレイの腕を引っ張る。しかし、グレイはヤヨイの腕を振り払った 「グレイ君?」 「あ、いや、何でもねー。つーか、オレのことはほっとけ。別に付き合ってる訳じゃねーんだから」 「でも、私1人になったらルーシィさんに何かされそうで怖くて…」 そう言って泣き出したヤヨイ。グレイは溜息をついて、ヤヨイを慰める。.

… … … … … …. F … … … ? …… …… … FT. w w w. …… … ……………… ……… … …. … …… .

~ Comment ~

アリエスs> すんませんー ウールボム以外・・・。 ウールショットとかウールウォール みたいのがあったようななっかたよーな よくわかんないけど・・・。. 視界がグラグラしながら歩くルーシィ。でも、午後の授業は受ける気が起きなくて、カバンを教室に置いたまま校舎を出た。 中庭を通ったとき 「にゃぁ~」 と猫の鳴き声がした。そちらを振り返ると、ルーシィが留学してきた日にふらりと現れて、学校で飼っている青猫がいた。ルーシィが可愛がっていて、ハッピーと名付けた猫だ。 ハッピーに近づいてみて気づいた。 「ケガ…してるの…?」 青い毛に覆われたハッピーの前足が血で真っ赤になっている。フラフラになりながら急いで駆け寄って傷をみる。それは故意的につけられたような、刃物で切られた傷だった。 (あたしの大事なハッピーにまで手を出しのね、あの女…) 自分のせいで大好きなハッピーを傷つけてるしまった。自分のスカーフを外して手当てする。 そしてごめんね、と謝ってルーシィは校門へ向かった。 しかし、1番会いたくなかった人に会ってしまった。 「金髪…」 「………」 「もう1度言う。2度とオレの前に顔を見せんな」 ルーシィはボーッとする頭でグレイに言われた言葉の意味を必死に理解した。それだけ言うと、グレイは去って行った。.

地球が生まれる前、『ルーラ』という神がおり、地球を作りました。 ある日、ルーラは気づきました。 ここにいる者は皆自分の魔力、そして権威、地位を狙っていることに。 ルーラの魔力はとてつもない大きな力で、他の奴に手に渡ってしまったら、地球が破滅する可能性がある。 そんなことが起きれば、ここにすむ、獣や魚、民は大きな混乱を生むことになる。 それを防ぐためにルーラは考えました。 ある日、地球で、皆に合うために足を向かわせていました。 そこで、初めて自分が作った人間を見ました。 その世界は、自分のために争いなどをして、とても醜いと思いました。 それと同時に、もう一つのことが分かりました。 生きるために皆生きている、と。 子の魔力、権威、地位を使われたくなければ、子孫を作るしかない。 そういって、人間と結婚をし、子供の女の子を作ったのです。 子供の名は、リュールと言いました。 ただ、その女の子には、魔力というものが全くありませんでした。 ルーラは、子供に魔力を渡すのではなく、もう少し神たちが滅びてから、と考え子供には魔力を無くしたのです。 そして、リュールからどんどん子供は増え続け、神の血は受け継がれていきました。 ある家で、赤ん坊が生まれました。 その子の名を、レイラ、と言いました。 そして、ちょうどこの頃から、魔力、権威、地位が生まれ始めました。 そして、その子供にやったすべてが受け継がれたのです。 でも、膨大な魔力により、自分の魔力に飲まれる人々を見て、もう少し使いこなせるようになってから、そして、本当に必要な時しか使えないようにしました。 今、ルーラという神の末裔は一人しかいません。 そしてその名は、ルーシィと言いました。.

ブロンドの髪が見える。 その瞬間、もうみんなは手遅れだと感じた。 マスターもじっと座り時を待っているようだった。 すべて開くと、ルーシィが立っていた。 黒いドレスを着て、高いヒールをはいて…顔をしたに向けていた。 泣いていた。理由はわからない。ただ、指の間から涙がこぼれていた。 「ルーシィ…」 ミラはすっと立ちルーシィを抱き締めた。 その瞬間、より大きな声でなきわめいた。 ミラは黙って抱いていた。 ドレスの横側が裂けていて、高そうなドレスとは対照的なのが太ももについており、中のが光った。 「…」 「どうした、ルーシィ?」 ナツが恐る恐る聞く。 「ごめんなざい…」 空気が柔らかくなった。 「!!」 ルーシィをみんなで抱き締めた。 そして、半泣きの飛びっきりの笑顔で「おかえり!!」と言った。 「ただいま…皆」 続く.

… …. …… … ……………… ……… … …. FAIRY TAIL   FAIRY TAIL - - 3. … …… !

Pixivへようこそ

まだまだあるよ~ エルザ ルーシィ・ジュビアの同級生。大人びて、姉御肌だがツンデレな一面もある。幼少の頃から芸能界で活躍してる為、プロとしての意識が高い。「ちゃん」をつけられることを苦手としている。 メイビス フェアリー学園学園長。ルーシィの才能をミラと共に見出し、ルーシィに期待している。 まだまだ出しますが、それは今後のお楽しみ!. NOOOOOO!!まさかの!ロメオがルーシィと呼んでいる! ルーシィ姉なのに…載せておきます。 ロメオ…俺・ルーシィ姉・ウェンディ・ユキノ・レオ・ナツ兄・グレイ・エルザ姉・ミラ姉など… ユキノ…私・ルーシィ様・ウェンディ様・ロメオ様・レオ様・ナツ様・グレイ様・エルザ様など… ウェンディ…私・ルーシィさん・ユキノさん・ロメオ君・レオさん・ナツさん・グレイさんなど… レオ…僕(時々俺)・ルーシィ・ウェンディ・ユキノ・ロメオ君・ナツ君・グレイなど… ルーシィ…あたし(学校では私)・ウェンディ・ユキノ・ロメオ・レオ・ナツ(学校ではさん)など….

優さーん よろしくアンドはじめましてー 皆って近くの学校で学級閉鎖とかあった? おれはあったw テレビに出てた でうちのがっこうもなんか気をつけろってうるせぇ 俺は手洗いうがいしないでインフルにかかった事がない男だw.

w w3. …… …… … FT. 5 …5 …. … …… ……… … .

小説ばかりの同人ブログ

ウルティア> うんwwそうみたい~ イカはみるだけでリバースしそう? (下品ですんまそん。) セントレアよくいった~ 昔おじいちゃんによくつれてってもらった~ そこの近くか~なるほどー 攻めましたね~. 最近ハマってる漫画(アニメ)とカップリング(またはコンビ名など) フェアリーテイル ナツリサ・グレルー・リオジュビ・ナツルーグレ NARUTO サスサク・ナルヒナ・7班 銀魂 沖神・銀神・高神・ドS三人娘 鬼灯の冷徹 鬼香・鬼香白 ワンピース ルナミ・ルナゾ・ローナミ 暗殺教室 カルカエ・渚カエ・鳥イリ・前ひな 名探偵コナン コ哀・新志・快哀・快青 アイカツ! 直いち・瀬名あか・ソレイユ みんなは?教えてねー.

あいつと戦闘を始め、どれくらいの時間が経ったのか、私には分からなかった。雷炎竜のナツと互角に戦える風雷神のあいつ…。 「ナツさん!!!!」 「ウェンディ!」 すると、ウェンディがシャルルと共に窓から入って来た。 「エルザを治療してくれ!」 「分かりました!エルザさん!」 ウェンディは私の元に駆け付けて、私の胸に暖かい、緑色の光を当てて治療し始めた。 「へぇ。治癒魔法か…。厄介な物だなァ」 あいつは、ターゲットをナツからウェンディに変えてこちらに来た。 「ウェンディ危ない!」 「え…?」 シャキーン 「背後を狙うとは貴様、それでも男か」 「回復したか、妖精女王…」 私は回復が終わり、すぐにウェンディの後ろに立って剣を立てた。そして、ウェンディを守った。 「ウェンディ、休んでいろ。ナツ!行くぞ!!!」 「おう!お前の相手はオレ達だァァァァ!!!」 私とナツは、あいつに飛び掛った。.

… ……… … 1 …3 … 1 2 3 123 1 … …… … …… … グレルー 小説 甘. …… … …… …… …… …… … …. w w.


Facebook
Twitter
コメント
Tomi 27.04.2020 13:42 答える

皆さんはじめまして! 私も入れてくださ~い。 <プロフ> 名前:ウルティア 学年:小6(12歳) 好きなキャラ:見て分かる通り、ウルティア        それに、メルディ エルザ ジュビア グレイ 趣味:FTの妄想をすること、読書 好きなキャラは女キャラがほとんど・・・男キャラはグレイだけです。 よろしくお願いします!. 月菜 やってるよね!!

Kaiya 20.04.2020 02:11 答える

泣き崩れた。 今まで押さえていた何かが消えた気がした。 もう、瞳は光がたくさん入り、いつも好奇心旺盛のような目に戻っていた。 「どうしようどうしようどうしようどうしよう………どう、しよう」 自分の今までやったことがフラッシュバックした。 泣いても泣いても涙はこぼれて。 その時『カチャ』と音がした。ちょうど太ももあたりからだった。 手を当てると小さな箱のようなもので手に取り、中には光輝く鍵があった。 『いつも仲間はそばにいる』 本当ね。 鍵を取り開けようとした。 本当に今私にはこの鍵を開く資格はあるの? そんな声が聞こえた気がした。 そうよ、私は仲間を傷つけた。そんな私が、今ごろ仲間を助けようなんて…。 なんて都合がいいのかしら。 倒れそうになったとき、誰かが支えてくれた。 「…姫」 「ルーシィ…」 「…!」 そこにば大好きな二人の精霊がいた。 その顔は優しかったが目はルーシィをしっかり捉えていた。 続く.

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2015-2020 atelier-kv.com 権利留保
このサイトへのアクティブなリンクを使用する場合、コピーと引用が許可されます.