ジョナサン・ スウィフト

発行者: 16.04.2020

さて、社会に放り出されたスウィフトがどうしたかというと、風見鶏になった。18世紀に入った英国はアン女王の時代、多様な分裂社会になっていた。   ロンドンやオックスフォードにコーヒーハウスが次々と登場し、その店に集まる連中が次々に徒党を組んでいた時代である。男たちだけが集まるコーヒーハウス からは政党も生まれたし、保険屋も広告屋も生まれ、ジャーナリズム(新聞・雑誌・会誌)も生まれつつあった。コーヒーハウスの数だけ、考え方も商売も趣味も異なってよかった時代なのである。有名コーヒーハウスは当時のブランドである。なかでトップ・ブランドは政治党派が集まるコーヒーハウスに集中した。  この時期、政治こそがファッションだったのだ。紳士たちはサンローランをアルマーニに変えるように、イッセイとヨージを比べるように、政治の着替えに勤(いそ)しんだ。  スウィフトもそれまではホィッグ党(民党)だったのだが、ここでトーリー党(王党)に鞍替えをする。政権闘争の激しいハーリー政権時代(オックスフォード卿)のことで、スウィフトは持ち前の文筆力をもって「エグザミナー」誌に依ると、激越なホィッグ批判と政治批評を次々に執筆しつづける。文筆とはいえ、その大半は毒舌である。それでも、当時は毒舌こそが社会力だったのだ(いまでも、そうかな)。  このときトーリー党の勢力が頂点に達しつつあった。内閣の外にいて内閣の連中に文筆で影響をもっているのはスウィフトだけという短くもはかない栄光もやってきた。かくてスウィフトはブラザーズ・クラブの名士となっていく。これが政治人間スウィフトの絶頂期であった。.

スウィフトは彼自身の 墓碑銘 を書き、それを ウィリアム・バトラー・イェーツ は ラテン語 から翻訳した。. 世走篇 夜 ディック・ヘブディジ 『サブカルチャー』.

スウィフトは彼自身の 墓碑銘 を書き、それを ウィリアム・バトラー・イェーツ は ラテン語 から翻訳した。. ジョナサン・スウィフト Jonathan Swift 肖像画(年). 英語版ウィキソースに ジョナサン・スウィフト 著の原文があります。. 連環篇 夜 古賀登 『四川と長江文明』. おかしな作品である。その作品がスウィフトというイギリス史上においても見逃せない政治的な生涯をおくった者によって、コーヒーハウスの片隅やダブリンの暗い川のほとりで執筆されたかとおもうと、よけいに不思議な気分になる。  なぜわれわれは、スウィフトとともにガリヴァ船長に付き合わなければならないのか。なぜスウィフトを通してアイルランドやイングランドを見るのか。なぜ、イギリス文学はスウィフトの時代にダニエル・デフォーやアレキサンドル・ポープをもったのか。そういうことが、『ガリヴァ旅行記』でわかるのである。  これは文学というものが近代に向かう前に何をしていたかということを告示しているということなのだ。われわれはイギリス文学をシェークスピアから始まったなどと思うべきではなく、スウィフトとデフォーによって始まったと見るべきなのである。.

: Wikipedia! : 17 18 17 18.  28   .

ジョナサン・スウィフトの著作の主題やテーマは、大概彼の人生における出来事や関心事を辿っているようだ。これは、彼の批評家がその作品群の本当の意味を明らかにする手段として、伝記や確定した事実、そして多くの議論ある事項に大いに注意を払う理由の一つである。ことによると過剰な簡略化かもしれないが、彼の最初期の作品からは、いかに彼の人生における哲学論の学問的興味を示しているかを見ることができ、聖職者と陳情者の双方としての教会との関係に移り、次いでその筆を トーリー党 に傾けて政治的問題に転じ、そして最終的には彼が流された国の弁護に立ってアイルランドの人々の問題を取り上げた。こうした大きな流れの至るところに、スウィフトの精神生活に関するじれったくもはっきりしないヒントを与える個人的な著述がある。. 歴象篇 夜 坪内隆彦 『アジア英雄伝』. 最終更新 年4月3日 金 (日時は 個人設定 で未設定ならば UTC )。 テキストは クリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンス の下で利用可能です。追加の条件が適用される場合があります。詳細は 利用規約 を参照してください。 プライバシー・ポリシー ウィキペディアについて 免責事項 開発者 統計 Cookieに関する声明 モバイルビュー.
  • 世走篇 夜 ディック・ヘブディジ 『サブカルチャー』.
  • スウィフトは彼自身の 墓碑銘 を書き、それを ウィリアム・バトラー・イェーツ は ラテン語 から翻訳した。. 隠しカテゴリ: BIBSYS識別子が指定されている記事 BNF識別子が指定されている記事 BPN識別子が指定されている記事 GND識別子が指定されている記事 ISNI識別子が指定されている記事 LCCN識別子が指定されている記事 MusicBrainz識別子が指定されている記事 NLA識別子が指定されている記事 SBN識別子が指定されている記事 SELIBR識別子が指定されている記事 SNAC-ID識別子が指定されている記事 VIAF識別子が指定されている記事.

ジョナサン・スウィフトの主要著作

連環篇 夜 古賀登 『四川と長江文明』. その後のスウィフトは失望の日々である。恋もしたし、アイルランドに戻って政治腐敗を批判もし、ドレイピア・クラブがスウィフトに敬意を表して創設されたりもしたが、スウィフトの「国に対する失望」はますます深まるばかりだった。  おまけにどんどん人間嫌いにもなっていった。アレキサンダー・ポープへの手紙には「私は人間とよばれているあの動物が心底イヤでイヤでなりません」と書いている。  そのかわりといっては変だが、スウィフトは自在な想像力によって"政治"をすることにした。そして、それをイングランドに持ち込んで出版をする。これが『ガリヴァ旅行記』である。10年ほどをかけて書き継ぎ、覆面作家工作などをしたうえで年に出版した。やけに当たった。. ジョナサン・スウィフト Jonathan Swift 肖像画(年). さらにロンドンにおけるこの数年の間で、スウィフトはヴァナミリー家と懇意になり、娘の一人エスターとも親密になった。しかしもう一人の父のない娘と曖昧な関係によりスウィフトの伝記を混乱させている。スウィフトはエスターに「ヴァネッサ」の愛称を与え、彼女を彼の詩『キャデナスとヴァネッサ』の主要な登場人物に配した。その詩と彼らの書簡からは、エスターがスウィフトに夢中になり、それで彼は彼女の愛情に報いたものの、後悔してのちに縁を切ろうとしたことが示唆される。エスター・ヴァナミリーは年にスウィフトを追ってアイルランドに行き、そこでことによるとエスター・ジョンソンをも含む対面が果たされたようである。エスター・ヴァナミリーは 年 に35歳で死去した。.

分理篇 夜 ヤン・チェンニン(楊振寧) 『素粒子の発見』.

1 - - 1 ?

ジョナサン・スウィフトに関するリソース

ジョナサン・スウィフトの著作の主題やテーマは、大概彼の人生における出来事や関心事を辿っているようだ。これは、彼の批評家がその作品群の本当の意味を明らかにする手段として、伝記や確定した事実、そして多くの議論ある事項に大いに注意を払う理由の一つである。ことによると過剰な簡略化かもしれないが、彼の最初期の作品からは、いかに彼の人生における哲学論の学問的興味を示しているかを見ることができ、聖職者と陳情者の双方としての教会との関係に移り、次いでその筆を トーリー党 に傾けて政治的問題に転じ、そして最終的には彼が流された国の弁護に立ってアイルランドの人々の問題を取り上げた。こうした大きな流れの至るところに、スウィフトの精神生活に関するじれったくもはっきりしないヒントを与える個人的な著述がある。.

司祭 諷刺 作家 随筆家 政治パンフレット作者. そして、この数年のうちに彼はその最高傑作を書き始めた。『外科医にして諸船の船長レミュエル・ガリヴァーによる世界の諸僻地への四部から成る旅行記』、むしろ『 ガリヴァー旅行記 』として知られている。ほとんどの題材は、前の10年間における彼の政治的経験が反映されている。例えば、巨大なガリヴァーがリリパットの宮殿の火災を小便で消し止める挿話は、不適切な作法で善い事を行うという、トーリー党の違法な和平条約の隠喩と見ることができる。 年 、彼は『ガリヴァー旅行記』の原稿を携えて、長く延期されていたロンドン訪問を行った。訪問中、彼は旧友 アレクサンダー・ポープ 、ジョン・アルバスノット、そしてジョン・ゲイのもとに滞在した。彼らはスウィフトの本を匿名で発行する準備を手伝った。最初に 年 11月発行され、その年と翌 年 の早いうちに合計3つの版が出て即座に成功を収めた。年にはフランス語、ドイツ語やオランダ語の翻訳も現れ、アイルランドでは海賊出版もなされた。.

スウィフトは彼自身の 墓碑銘 を書き、それを ウィリアム・バトラー・イェーツ は ラテン語 から翻訳した。.

1 - - 1 ? 43 UTC - Cookie. Jonathan Swift.

スウィフトがムア・パークで住居を構えた頃、彼は当時8歳の エスター・ジョンソン と出会った。家の使用人の一人娘で父親はいなかった。スウィフトは彼女の教師、指導者としてふるまい、彼女に「ステラ」の愛称を与えて、2人はエスターの残りの人生の間親密な、しかし曖昧な関係を維持した。. 名前空間 ページ ノート. Jonathan Swift. 政治的には敗北者となってしまったスウィフトにとって最善の行動はイングランドを去ることであった。彼は失意のままアイルランドに帰ったが、「穴の鼠のように暮らす」という状態で事実上の追放であった。しかし、一旦アイルランドでスウィフトはパンフレット執筆能力をアイルランドの主張を支援することに振り向け、彼の最も記憶すべき作品群の幾つかを生み出した。『アイルランド製品の広汎な使用の提案』( 年 )、『ドレイピア書簡』( 年 )、そして『穏健なる提案』( 年 )で、彼はアイルランドの愛国者としての地位を得た。. スウィフトはこの数年でますます政治的な活動にのめり込むようになった。 年 から 年 まで、また 年 にスウィフトはロンドンに居り、 ゴドルフィン卿 の ホイッグ党 政権で、既にイングランドの信徒に授与されて1年におよそポンドをもたらしたFirst-Fruits and Twentieths( アン女王基金 )に対するアイルランドの牧師の批判を促そうとしたが失敗した。.

: 17 18 17 18. 12 201510.      "".

そういうときに、スウィフトは父親の縁故でウィリアム・テンプル卿の秘書になる。アイルランドの一流政治家である。スウィフトは勇んだ。  ところが、過激な世の中でめきめき実績をあげるほどの才能がなかったのか、スウィフトは僧職にでもついたらどうかということになり、テンプル卿のもとを離れ、年の28歳のころには司祭になっていた。ろくな司祭でないことはたしかだった。  そのかわり本をむさぼり読んでいる。年の記録が残っているのだが、それによると、 ホメロス 、ウェルギリウス、ホラチウス、キケロ、ペトロニウス、アエリアン、ルチウス・フロルスなどともに、スライダンの『トリエント宗教会議』、キャムデンの『エリザベス』、バーネットの『宗教改革史』などを読んだか、あるいは蔵書していた。.

案内メニュー 個人用ツール ログインしていません トーク 投稿記録 アカウント作成 ログイン. 番外録 夜 レイ・ブラッドベリ 『華氏451度』.

: BIBSYS BNF BPN GND ISNI LCCN MusicBrainz NLA SBN SELIBR SNAC-ID VIAF!


Facebook
Twitter
コメント

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2015-2020 atelier-kv.com 権利留保
このサイトへのアクティブなリンクを使用する場合、コピーと引用が許可されます.