エルビン・ ロンメル

発行者: 11.04.2020

トブルク陥落は困難と判断したロンメルはトブルクを包囲させたまま、 マクシミリアン・フォン・ヘルフ 大佐を指揮官とするドイツ軍第5軽師団の先遣部隊「ヘルフ戦闘団」を東進させた。年4月末にヘルフ戦闘団はエジプト国境の戦略的要衝(戦車が通過できる場所だった)である ハルファヤ峠 en と サルーム en の英軍を撃退して占領し [] 、英軍の防衛ラインを ブク=ブク と ソファフィ pl の線まで後退させた [] 。これにより英軍がトブルク救援に向かおうと思えばまずハルファヤ峠とサルームを攻略せねばならなくなった [] 。. 本の通販ストア 小説・文学 文庫 経済・ビジネス 男性コミック 女性コミック 暮らし・実用 アウトレットブック 雑誌 Music DVD 文具・雑貨 ジャンル一覧 新刊予約一覧 特集一覧 中古買取.

Invasion

紙の本を カートに入れる. だが独伊軍に以前ほどの悲壮感はなかった。英軍は何の戦略もなく単に物量差で強引に押しただけであり、しかも受けた損害は両軍痛み分けという感じだった。独伊軍は戦車両を失ったが、英軍も両以上失っていた [] 。また独伊軍は3万人の将兵を失っているが、その大部分はイタリア兵であり行方不明者だった(イタリア逃亡兵が多いと思われる)。一方英軍は1万人の将兵を失っているが、その大部分は戦死だった [] 。そのため独伊軍の将兵は戦略次第で巻き返しは十分可能と考えていた [] 。そして実際に独伊軍は今一度キレナイカ地方を奪還してエジプト領に攻め込むことになる。. 戦後、残った軍命令書、戦況報告書、日記等を戦史家 リデル=ハート が編集して「 The Rommel Papers 」として出版された。.

ロンメルの師団は順調に快進撃を続け、 6月7日 には48キロ以上進軍し、 アミアン から海岸に至る地域を防衛していたフランス第10軍を分断した [] 。6月8日にはさらに72キロも進撃した [] 。. 参謀本部 はヒトラーにフランス侵攻作戦案を提出したが、一次大戦の シュリーフェン・プラン と大差がないことからヒトラーが却下し、紆余曲折の末にA軍集団参謀長 エーリヒ・フォン・マンシュタイン 中将の立案による「 マンシュタイン・プラン 」が採用された [] 。これは装甲師団を中央のA軍集団に集中させ、 ベルギー 南部の アルデンヌの森 (この森は道がないため、戦車の機動は無理と考えられており、フランス軍はここを手薄にして「アルデンヌの間隙」を作っていた)を通過させて 英仏海峡 まで一気に進軍し、ベルギー・北フランスに展開する連合国主力を孤立させるというものだった [] [] [] 。.

歩兵は攻撃する 歩兵は攻撃する エルヴィン・ロンメル (著).

3, 32 pt. 7 A de 4 15 15 5 de [] [] []. Realgymnasium [3] [5] エルビン・ ロンメル [5] [8] [3] [5] [9] .

こうして年2月15日にロンメルは新編成された 第7装甲師団 de の師団長に任命されることとなった [] [] 。ちなみにフランス戦においてはドイツ軍個師団のうち装甲師団は10個師団しかなかった [] 。そのうちの一つである第7装甲師団が有する戦車の数は両だった [] [ 3] 。 I号戦車 (機関銃のみ)34両、 II号戦車 (2センチ砲)68両、 III号指揮戦車 (火砲の代わりに指揮用の大型無線機が付いた戦車)8両、 IV号戦車 (短砲身7. アラン・カニンガム en 中将率いる英軍第8軍の第30軍団(第4機甲旅団、第7機甲旅団、第22機甲旅団)が内陸部砂漠からトブルク目指して進軍を開始した。英第13軍団は囮としてエジプト国境のドイツ軍部隊と対峙した。英第4機甲旅団と英第22機甲旅団の進軍は伊アリエテ師団と独第21装甲師団が阻止したが、英第7機甲旅団は阻止する部隊が進路上に無く、19日までにトブルク包囲のため伊第21軍団や独第90軽師団が展開するシディ・レゼグまで一気に進軍されてしまった [] 。トブルク守備隊も前進を開始し、独伊軍は挟み撃ちにあってしまった [] 。独第15装甲師団と独第21装甲師団をこの戦域に応援に駆け付けさせたが、英第4機甲旅団と英第22機甲旅団もこの戦域に増援に駆け付け、シディ・レゼグ南方で英独の激しい戦車戦が展開された。しかし英第7機甲旅団は戦力を二つに裂くという愚を犯し、ドイツ軍の対戦車砲の格好の餌食となり、両の戦車のうち両を撃破されるという壊滅的打撃をこうむった [] [] 。また「アリエテ師団」がシディ・レゼグに到着したことでシディ・レゼグの戦いの形勢はドイツ軍側に傾いた [] 。.

この記事が入っているマガジン

学生を戦地へ送るには 田辺元「悪魔の京大講義」を読む 学生を戦地へ送るには 田辺元「悪魔の京大講義」を読む 佐藤 優 (著). ヒトラーはイタリアの身勝手さや無能ぶりに呆れながらも、イタリアを支援することを決めた。ヒトラーは「北アフリカの喪失は軍事的には耐えられるが、イタリアに強い精神的影響を及ぼす。イギリスはイタリアに拳銃を突きつけて講和を結ばせることも、単に空爆することも可能となる。我々に不利なのはこの点である」と述べている [] [] 。年12月13日にヒトラーはギリシャのイタリア軍を救出するための「マリータ作戦」を発令し [] 、ついで年1月11日には地中海のイタリア軍支援のための「 ゾネンブルーメ作戦 (ひまわり作戦)」を発動した [] 。.

元帥 (Generalfeldmarschall). 北アフリカ戦線はドイツ軍にとって二正面作戦になってしまった。これに対処するためヒトラーは急遽ヨーロッパ本土から独伊軍1万人を チュニジア (ヴィシー・フランス植民地)に送りこみ、第5装甲軍司令部を創設させた。はじめはエジプト国境付近で防衛線を作ろうと考えていたロンメルだったが、米英軍の西海岸上陸によりもはやエジプト攻略どころではなくなった [] 。ロンメルはエジプト、キレナイカ地方を放棄する大撤退を行い、11月23日には最初の攻撃地であったエル・アゲイラまで軍を後退させた。. 一方ロンメルは8月初めころから体調を崩し、8月21日にベルリンに離任許可を求めたが、却下され、指揮を執り続けることになった [] 。.

  • 一方ロンメルは8月初めころから体調を崩し、8月21日にベルリンに離任許可を求めたが、却下され、指揮を執り続けることになった [] 。. サイト内検索 電子 紙.
  • 第歩兵連隊は、その後もアルゴンヌに留まったままフランス軍と消耗戦を続けた [59] [60] 。7月にロンメルは 向こう脛 に砲弾の破片を受け、二度目の負傷をした [53] 。. ロンメルは、今やドイツに留まらず、世界的な英雄になっていた。連合国は、畏敬の念を込めてロンメルを「砂漠の狐」と呼んでいた。アメリカの世論調査によると、当時のアメリカでロンメルは、ヒトラーに次いで有名なドイツ人だったという [] 。また、エジプト人の間には、イギリスの長きに渡る冷酷非情な植民地支配から、ロンメルが解放してくれるという期待感が広がっていた [] 。ロンメルに散々戦力を壊滅させられた英国からも高い評価を寄せていた。チャーチルは、「ロンメル!ロンメル!ロンメル!奴を倒すこと以上に重要なことなど存在しない!」と語り、また庶民院における演説では、ロンメルを「天才的な能力を持った男」と評した [] 。英軍将兵の間にも、ロンメルへの尊敬の念が広まっていた。英軍中東方面軍司令官オーキンレック大将は「ドイツは勇猛で優れた将軍を数多く生み出してきた国だ。だが、ロンメルは別格だ。彼は、ずば抜けている」と評した [] 。一方、オーキンレックは、部下の指揮官たちに対して「我が部隊の兵士たちがロンメルを過剰に話題にすることで、我らの友人であるロンメルが我らにとって魔術師か化け物のようになってしまっている。リビアにいる敵軍を呼ぶ時に『ロンメル』という言葉を使わないようにすることは精神的に極めて重要である。追伸、私はロンメルに嫉妬しているわけではない」という命令書を伝達している [] [] 。.

30 [] [] [] []. 5166 []. 6 D-Day 66 [ 7] []エルビン・ ロンメル. 526 526 63 30 [] [] 5242526 [] !

あわせてお読みください

トブルク陥落は困難と判断したロンメルはトブルクを包囲させたまま、 マクシミリアン・フォン・ヘルフ 大佐を指揮官とするドイツ軍第5軽師団の先遣部隊「ヘルフ戦闘団」を東進させた。年4月末にヘルフ戦闘団はエジプト国境の戦略的要衝(戦車が通過できる場所だった)である ハルファヤ峠 en と サルーム en の英軍を撃退して占領し [] 、英軍の防衛ラインを ブク=ブク と ソファフィ pl の線まで後退させた [] 。これにより英軍がトブルク救援に向かおうと思えばまずハルファヤ峠とサルームを攻略せねばならなくなった [] 。. 神は細部に宿る。 50歳にして、強力なドイツ機甲師団を率いて闘った伝説の軍人、エルヴィン・ロンメル元帥。 彼がドイツ国防軍の歩兵部隊若手士官として最前線で闘った、第一世界大戦の記録。 西部戦線などの大きな戦いは、実は数え切れないほどの小さな戦いによって成り立っている。 市街戦であれば、家の一軒一軒、ビルの一階一階を掃討していかなければ、その地点を攻略したことにはならない。 そして、その一つ一つの戦闘を担当するのは、実際に1発1発の弾丸を発射し、銃剣を持って突撃する歩兵部隊。 その、細部を理解し熟知していたからこそ、ロンメル元帥は軍団としての機甲師団を運用し、アルデンヌ他の大きな戦場で勝利を収めてきたに違いない。 この記録は、戦闘の最中に書かれたものでは決してない。 泥だらけになって、塹壕を掘り進め、豪雨の中泥濘の中に身を潜めながら、前線指揮官がノートを書くなどということができるはずはない。 にも関わらず、この克明な記録。 それは、彼がいかに戦場で冷静であったか、そして、細部まで観察対処し、またそれを正確に記憶する能力があったことを物語る。 やはり、ただものじゃないぞ、ロンメル元帥。.

進軍中ロンメルは、第7装甲師団の全部隊が後ろから続いていると思っていたが [] 、ロンメルはじめ師団の先鋒がル・カトー東部の高地に到着した時、師団の主力はまだベルギーにいた [] [] 。師団主力はロンメル初め師団先頭部隊と連絡が取れなくなっており、師団参謀 オットー・ハイドケンパー 少佐がロンメル少将もローテンブルク大佐も戦死したとみなしたためだった。ロンメルは後に手紙の中で「私はできる限り早く奴を追い出してやる。この若い少佐参謀は第一線から32キロも後方にいながら自分と参謀本部要員が危険な目に合うのではと恐れていた」と激怒している [] 。ロンメルの手元にいたのは二個装甲大隊とオートバイ狙撃兵数個小隊だけだった [] [] 。これらの部隊はすでに弾薬や燃料を使い果たしていた [] 。軍司令部から「アヴェーヌで進軍を停止せよ」との命令が届いたこともあり(すでにアヴェーヌを超えてル・カトー東部にいたが)、ロンメルはやむなくル・カトー東部でしばらく停止することにした [] [] [] [] 。.

[] 629906301521 [] 390 [] 152118 [] 2 [] []. 19 [] []. honto BL TL .

このクリエイターの人気記事

ドイツ人男性としては小柄で、身長センチの アドルフ・ヒトラー よりかなり低く、約センチといわれている [] [ 要文献特定詳細情報 ] 。. エルヴェ 曖昧さ回避. ドイツ軍第7装甲師団がアルデンヌの森を通過しようとしていることを察知したフランス軍は第1・第4軽騎兵師団を差し向けたが(この両軽騎兵師団は騎兵旅団と機甲旅団で編成されていた)、第7装甲師団の奇襲を受けるとすぐに西に撤収していった [] 。. 初めての方へ 参加元一覧. ロンメルがはじめて実戦に参加したのは、8月22日午前5時頃、 ベルギー 南部のフランス国境付近の村 ブレド fr だった [38] [39] 。この時のロンメルは、前日に一日中偵察をさせられるなど疲労困憊であり、また胃痛も発症していた [38] [39] [40] 。しかし、実戦を前に逃げ出そうとしている卑怯者と思われるのが嫌で、上官にはそのことを黙っていた [37] 。.

: ISBN Reflist3 BIBSYS BNF GND ISNI LCCN NLA SELIBR SNAC-ID VIAFエルビン・ ロンメル. 720 B de:Caesar von Hofacker. 61 [94] 1 [95]. Weblio. 120 [] [] 122125 [] [] 129 [] [] エルビン・ ロンメル [] [] 130 [] [] 26 [] []. [] [] 4740 [] []. [83] 12132 [83] !

エルヴェ 曖昧さ回避. ロンメルは険悪な関係になっていた第5軽師団師団長 ヨハネス・シュトライヒ 少将 en を更迭し、代わりに5月20日より ヨハン・フォン・ラーフェンシュタイン 少将 de が師団長に着任した [] 。. シーラッハとの衝突にも関わらず、ヒトラーのロンメルへの信任は失せなかった。年9月に ズデーテン併合 にあたってヒトラーはロンメルを再び総統護衛大隊隊長に任じ、自らの護衛を任せた [] [] [] 。この頃にはロンメルは完全なヒトラー支持者になっており、次第にヒトラー讃美がエスカレートしていった [] [] 。妻への手紙には「 ヒトラーは ドイツ国民を太陽の下へ導きあげるべく、神、あるいは天の摂理によって定められている」と書き [] 、友人への個人的な手紙には文末に「 ハイル・ヒトラー 、敬具、E・ロンメル」と記す程になっていた [] [] [] [] 。ヒトラーにとってもロンメルはお気に入りの将校だった [] 。ロンメルは貴族階級出身の将校ではなく、そうした貴族将校たち特有の平民出のヒトラーを見下したような態度がなかったこともヒトラーの好感につながったと思われる [] [] 。.

621622 []. 6246251521 en 88 [] [] [] .


Facebook
Twitter
コメント
Torio 14.04.2020 19:12 答える

激しい砲撃に耐えかねたシェルブールのフランス軍はついに午後5時に降伏した [] [] [] 。シェルブールの3万のフランス将兵を捕虜にした [] [] 。シェルブール戦終了を以って西方電撃戦におけるロンメルの師団の戦闘は終わった。.

Masaaki 18.04.2020 01:32 答える

ロンメルは7月4日に攻勢を中止させ、休息と次の攻勢の準備を急がせた。しかしその間の7月10日から14日にかけて英軍はエル・アラメインの西方エル・エイサ丘陵に陣取る伊軍を強襲してきた。この攻勢で伊軍サブラータ歩兵師団がほぼ壊滅し、アリエテ師団も大打撃を受けた [] [] 。これによりこれ以上の攻勢は難しくなった [] 。だが国防軍最高司令部は東部戦線のドイツ軍の コーカサス 進攻作戦に影響を与えるという事でロンメルにエル・アラメインの線で頑張るよう指導し続けた [] 。その後7月を通じて英軍と独伊軍はエル・アラメインの線で一進一退の攻防を続けた [] 。.

Chinami 15.04.2020 08:20 答える

最終更新 年2月17日 月 (日時は 個人設定 で未設定ならば UTC )。 テキストは クリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンス の下で利用可能です。追加の条件が適用される場合があります。詳細は 利用規約 を参照してください。 プライバシー・ポリシー ウィキペディアについて 免責事項 開発者 統計 Cookieに関する声明 モバイルビュー. 文庫 小説・文学 経済・ビジネス 男性コミック 女性コミック 暮らし・実用 アウトレットブック 雑誌 Music DVD 文具・雑貨 ジャンル一覧 新刊予約一覧 中古買取 特集一覧.

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2015-2020 atelier-kv.com 権利留保
このサイトへのアクティブなリンクを使用する場合、コピーと引用が許可されます.