日本国召喚 みのろう ブログ

発行者: 04.04.2020

第2文明圏の大国で、世界五大列強国の一つとなる帝政国家。属国のパガンダ王国をグラ・バルカス帝国に攻め滅ぼされたことから同国と戦争になるも惨敗。戦艦「グレードアトラスター」1隻により僅か5日で滅ぼされた。 グラ・バルカス帝国がこの異世界に甚だしい偏見を抱き、見下しきってしまう原因を作ったのは、パガンダ王国とこの国だと言って良い。 なお、技術力や兵器開発はパーパルディア皇国とほぼ同一水準だったが、規模はパーパルディアより遥かに劣っており、五大列強の中でも国力は最下位。. グラ・バスカス帝国が第二文明圏全域に宣戦布告し、本格的に侵略を始めた。まず、イルネティア王国が占領され、国外に逃れた王子が日本を目指していた。 在日米軍の名前が出てきたけど、動きは不明。日本は魔法帝国の出現を想定して、急速に軍事技術開発と軍備増強に取りかかった。民間企業も好景気に沸いているという設定だけど・・・旧世界のサプライチェーンから切り離されて、そんな工業力があるんだろうか? そもそも、海外資産と債権を失った日本経済が機能しているわけがないのだが・・・。 先進11ヶ国会議への招聘を受け、日本は代表団を送ったが・・・会議の席上で、グラ・バスカス帝国が全世界に対して宣戦布告。時を移さず、帝国は神聖ミリシアル帝国の最強艦隊を撃滅、その足で先進11ヶ国会議が開かれているアルトアルパスへの攻撃を仕掛けた。 日本の巡視船しきしまを含む列強連合VSグラ・バスカス帝国。戦う前から結果は見えているけど、しきしまが沈んで人以上の死者が出た。この敗戦で、世界の軍事バランスが一気に崩壊した。 ロウリア王国の元将アデム・・・伏線として生き延びているけど、そのうち南方世界がらみの展開で登場するのだろう。ということは、グラ・バスカス帝国の話にケリが付いても、魔法帝国は出現しないということか・・・。.

第一文明圏 中央世界)にある世界五大列強国の筆頭かつ自称世界最強の国家。神代から生きた龍が、政治に介入していると噂される。異世界諸国の中でも 古の魔法帝国 を除けば最も栄えており、国際会議を主導するなどリーダー的な役割を担っている。国内に魔帝の遺跡が存在しており、これらを解析することで他国の追随を許さない高度な魔法技術を有している。地球水準で第二次世界大戦初期水準の技術力を持っている。. クワ・トイネと同じロデニウス大陸にある国家。国土の殆どが作物の育たない不毛の地だが、日本にとっては地下資源の宝庫であり、それらを日本に輸出している もちろん、こちらも対価として日本からインフラを輸入している 。日本にとってクワ・トイネと同じく最重要の同盟国であるため、これといって目立たないがたいした戦禍に遭うことは無く、ちゃっかり太平の世を謳歌中だったりする。. 南方世界の盟主である文明圏外の島国。先進11ヶ国会議参加国のひとつ。 白い翼と漆黒の翼を生やした 有翼人 達の国家。広大な土地を支配しているという理由だけで会議に呼ばれており、真の国力を把握している日本勢以外で彼らに関心を持つ者はいない。彼らもまた他国勢に対して無関心である。 鎖国政策を採用しているらしく、南方世界以外の国家との交流を本土よりも技術が進んでいない島のみに限定する、また、会議の行われる港町カルトアルパスに第2次大戦クラスの艦船ではなく古い帆船で赴くなど、自分達が高度な文明を築いていることを徹底的に隠している。日本からは衛星写真によって国力を把握されているため、会議の際にさりげなく日本側の出席者に言及されて驚いていた。 グラ・バルカス艦隊がカルトアルパスへ襲撃してくる前に使節団ごと帰国したため、襲撃による被害は受けなかった。 番外編『忘れられた世界』にて、彼らの正体が 古の魔法帝国 を建国した種族 光翼人 の末裔 である事が判明。魔帝復活のために行動している。ただし、長い年月によって翼が実体化するほどに魔力が衰えているらしい。.

パーパールディア皇国はようやく日本国の存在に気がつき、調査を始めた。同時に、西の果ての転移国家・グラ・バスカス帝国についても情報収集を始めた。異世界ファンタジーではなく、近現代軍事ものという感じに変わってきた。 海上保安庁が近海の海賊対策に出動を開始していた。パーパールディア皇国の攻撃を受けたアルタラス王国から脱出した王女ルミナスを、巡視船しきしまが救助した。後々登場することがあるかも知れないけど、ヒロインというわけではないらしい。 突然ながら、魔物や魔王が登場してきた。ゴブリンやオーガの軍団を引き連れ復活した魔王ノスグーラ。日本は、有害鳥獣駆除の国際貢献として、ドーパ王国への派兵を決めた。先発隊があっさり魔王を撃退してしまったけど・・・やがて魔帝が復活するという。もうひとつの国家・・・複葉機レベルの飛行機を持つムー。1万2千年前に地球から転移した国家。 この巻の本筋は、パーパールディア皇国のフェン王国侵攻と自衛隊派兵・・・。. 第二文明圏 だいにぶんめいけん.

2717 2MMORPG20MMORPG. [ ]. 3 73. 12 .

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

第2文明圏に位置する世界五大列強国の一つ世界第二位の大国。 魔法に重点が置かれているこの異世界で科学による発展に力を入れおり、単独で機械動力の自動車や艦船、航空機を開発している。文明レベルは地球基準の第一次世界大戦水準であり、ほぼ全ての技術を自国開発で賄っている技術大国。 その正体は高度な文明を築きながらも海中に沈んだとされる 伝説の ムー大陸 そのもの であり、大昔の地球から転移してきたと思われる描写がある。それを裏付けるように、この国の世界地図(転移前の世界地図)は、地球の世界地図と驚異的なまでに酷似していた その時の会話を見る限り、作中の世界観では アトランティス と南極大陸は同一存在ということになっている 。 当時ヤムートと呼ばれていた神代日本はこの国の友好国だったようで、その縁もあってか列強の中では最も早い段階で日本との関係が良好となっている。.

パーパルディアの属領の一つ。 征服される前は豊かな国土を持っていたが、20年もの長きにわたる搾取の末、見るも無残な状態となったらしい。 パーパルディアが日本に惨敗したことで独立を果たす。独立後は共和制に移行。. クワ・トイネと同じロデニウス大陸にある国家。国土の殆どが作物の育たない不毛の地だが、日本にとっては地下資源の宝庫であり、それらを日本に輸出している もちろん、こちらも対価として日本からインフラを輸入している 。日本にとってクワ・トイネと同じく最重要の同盟国であるため、これといって目立たないがたいした戦禍に遭うことは無く、ちゃっかり太平の世を謳歌中だったりする。. 神聖ミリシアル帝国を第一・二文明圏の連合艦隊による反攻作戦に着手した。そのために皇帝は、古代兵器パルキマイラ(空中戦艦)の使用すら認めた。ムーは、大破した戦艦ラ・カサミを日本で修理・改修。大盤振る舞いの武器供与だけど・・・急場しのぎに陸自の榴弾砲を艤装するアイディアは面白い。 ムー大陸南西沖での会戦。・・・前巻同様の戦闘が続き、連合艦隊は大きな打撃を受けた。そこに古代兵器パルキマイラが参戦。古代ラヴァーナル帝国のオーバーテクノロジーがグラ・バスカス帝国の第1打撃群を全滅させ、はじめてグラ・バスカス帝国軍に土を付けた。でも、とにかく数の多い艦隊戦なので、読んでいて飽きるくらい単調なページが続く・・・。 戦艦グレードアスラクターは敵の主役として、パルキマイラ1号機を撃墜。会戦は双方に大きな被害をもたらした。パルキマイラは強力ではあるけど、主役的な活躍はしないだろう。艦長たちの人間性に問題がある。 ムーの都市マイカル沖で、海自護衛艦とグラ・バスカス帝国別働隊との会戦。陽動の首都攻撃部隊は戦艦ラ・カサミ改がからくも退けた。次はムーでの地上戦らしい。.

第一文明圏 だいいちぶんめいけん. フィルアデス大陸西側に位置する国家。魔石鉱山があり、資源が豊富な国である。文明圏外国だが通常文明圏並みの国力で、独自の兵器として射程2キロの風神の矢がある。 パーパルディアより魔石鉱山の献上や王女の奴隷化という理不尽な要求を突き付けられ、それを拒否したことにより一度攻め滅ぼされ属国となったが、日本の協力を取り付けた王女がラジオ放送で声明を発表したことでレジスタンスは事前に準備を進め、国内に駐留するパーパルディア皇国軍の大部分を日本が排除した事とレジスタンスの活躍で再び独立する事が出来た。  ちなみにパーパルディアの統治機構はこの国でやりたい放題の圧政を敷いたため、再独立時に長官を初めとする統治機構職員の大部分がアルタラス国民になぶり殺しにされてしまったという裏設定がある。.

  • ありふれた職業で世界最強 ありふれたしょくぎょうでせかいさいきょう. 第2文明圏に位置する世界五大列強国の一つ世界第二位の大国。 魔法に重点が置かれているこの異世界で科学による発展に力を入れおり、単独で機械動力の自動車や艦船、航空機を開発している。文明レベルは地球基準の第一次世界大戦水準であり、ほぼ全ての技術を自国開発で賄っている技術大国。 その正体は高度な文明を築きながらも海中に沈んだとされる 伝説の ムー大陸 そのもの であり、大昔の地球から転移してきたと思われる描写がある。それを裏付けるように、この国の世界地図(転移前の世界地図)は、地球の世界地図と驚異的なまでに酷似していた その時の会話を見る限り、作中の世界観では アトランティス と南極大陸は同一存在ということになっている 。 当時ヤムートと呼ばれていた神代日本はこの国の友好国だったようで、その縁もあってか列強の中では最も早い段階で日本との関係が良好となっている。.
  • 神聖ミリシアル帝国を第一・二文明圏の連合艦隊による反攻作戦に着手した。そのために皇帝は、古代兵器パルキマイラ(空中戦艦)の使用すら認めた。ムーは、大破した戦艦ラ・カサミを日本で修理・改修。大盤振る舞いの武器供与だけど・・・急場しのぎに陸自の榴弾砲を艤装するアイディアは面白い。 ムー大陸南西沖での会戦。・・・前巻同様の戦闘が続き、連合艦隊は大きな打撃を受けた。そこに古代兵器パルキマイラが参戦。古代ラヴァーナル帝国のオーバーテクノロジーがグラ・バスカス帝国の第1打撃群を全滅させ、はじめてグラ・バスカス帝国軍に土を付けた。でも、とにかく数の多い艦隊戦なので、読んでいて飽きるくらい単調なページが続く・・・。 戦艦グレードアスラクターは敵の主役として、パルキマイラ1号機を撃墜。会戦は双方に大きな被害をもたらした。パルキマイラは強力ではあるけど、主役的な活躍はしないだろう。艦長たちの人間性に問題がある。 ムーの都市マイカル沖で、海自護衛艦とグラ・バスカス帝国別働隊との会戦。陽動の首都攻撃部隊は戦艦ラ・カサミ改がからくも退けた。次はムーでの地上戦らしい。.

20. C-2 .

No world order

朝田 泰司 篠原 田上 百田 天野 北村 御園 海原 近藤 瀬戸 岡 真司 クワ・トイネ公国 ヤゴウ ハンキ ノウ カナタ ブルーアイ ミーナ ウォル イーネ ロウリア王国 ムーラ アデム シャークン パンドール ジューンフィルア ハーク・ロウリア34世 フェン王国 アイン シハン アルタラス王国 ターラ14世 ルミエス ライアル クーズ共和国 ハキ イキア パーパルディア皇国 カイオス ルディアス レミール アルデ エルト バルス レクマイア シルガイア トーパ王国 ガイ モア エレイ カルアミーク王国 エネシー ウイスーク マウリ・ハムマン オルド エスペラント王国 モルテス サフィーネ ジャスティード バルサス ザビル セイ エスペラント グラ・バルカス帝国 グラルークス グラ・カバル シエリア ダラス ゲスタ カイザル ラクスタル ナグアノ イジス ミレケネス アニュンリール皇国 ダクシルド 鬼人族 バハーラ 鬼姫 ムー マイラス ラッサン レイダー ミニラル テナル 神聖ミリシアル帝国 ミリシアル8世 ぺクラス シュミールパオ アグラ リアージュ アルネウス フィアーム ライドルカ アルパナ ベルーノ シワルフ パーシャ ゴルメス ザマス メテオス レッタル・カウラン 魔王軍 ノスグーラ 赤竜 レッドオーガ ブルーオーガ イエローオーガ ホワイトオーガ ゴウルアス オーク ゴブリン 古の勇者 タ・ロウ ルーサ ケンシーバ キージ 神 シャマシュ アスタルテ シン イル.

日本が最初に接触したロデニウス大陸の北東に位置する農業立国。技術力は中世レベルで、政治体系は社会主義に近い民主主義を採用している。覇を唱える性質や、他民族への偏見や差別の様な過激な考えが無かったため。日本ともすぐに友好関係を結べた。 家畜 でさえうまい飯を食べれる程食料自給率が高く、日本と国交を結んでからは輸入が途絶えてしまった日本に大量の食糧を輸出し、かわりに インフラ を輸入している。その反面軍事力は低く予備兵力を含めて5万人しかいない。 亜人殲滅を掲げる隣国ロウリア王国の侵略を受けるが食糧が途絶えることにより餓死者が大勢出ることを危惧した(クワ・トイネ側から半ば煽られた)日本の参戦により滅亡の危機から脱する。 ロウリア王国軍撃退後、対日感情が極めて良好になり、日本としても質・量ともに申し分なさ過ぎるほどの極めて豊かな食料事情(書籍版にて日本からしてみれば衝撃的過ぎる詳細が判明した)から絶対に味方のままにしておきたい相手であるため、日本とはほぼ運命共同体のような間柄となる。.

フェンの隣国。フェンと同じ国土が勾玉の形をしている。国の規模こそ小さいが 竜 の上位種が生息・国民と共存しており、パーパルディア皇国初代皇帝が世話になった国でもあるため、パーパルディア皇国の侵攻を受けなかった。 因みに隣国フェンがワイバーンを保有できないのは、この国の風竜にビビってワイバーンが寄り付かないため。.

クワ・トイネと同じロデニウス大陸にある国家。国土の殆どが作物の育たない不毛の地だが、日本にとっては地下資源の宝庫であり、それらを日本に輸出している もちろん、こちらも対価として日本からインフラを輸入している 。日本にとってクワ・トイネと同じく最重要の同盟国であるため、これといって目立たないがたいした戦禍に遭うことは無く、ちゃっかり太平の世を謳歌中だったりする。.

11 2. StayHome Fate Fate. 311 8. 3 2 11 .

西の獰猛なる帝国が、ついに動く

本好きの下剋上 ほんずきのげこくじょう. 旧世界の国々の大使について触れられていたけど、在日米軍はどうなっているのだろう? 接収できれば戦力になるのだが・・・。 パーパールディア皇国が正式に宣戦布告し、日本との全面戦争に突入した。そして、日本に保護されていた王女ルミナスがアルタラス王国亡命政権を樹立。自衛隊はアルタラス島の奪還作戦を実施した。 アルタラス王国に空自基地を構築した自衛隊は、パーパールディア皇国の首都防衛の要である陸軍基地を空爆により殲滅。海自は皇国海軍の主力艦隊を撃滅し、海軍本部を壊滅させた。工業都市デュロ防衛軍も同様。一方日本本土への攻撃を目論んだ、皇国海軍東部方面隊もあえなく壊滅。さらに、皇国の属領がすべて反旗を翻し、皇国は解体寸前・・・。 神聖ミリシアル帝国も、日本と接触をはかり外交交渉を始めた。ラスボスは、近い将来に復活する魔法帝国なんだろうけど、次の相手はグラ・バスカス帝国になりそうな気配。核兵器なんていう単語が出てきているけど・・・。 グラ・バスカス帝国は西の果て、日本は東の外れ・・・ぐるっと回ってお隣だったというオチじゃないだろうな?^^;;.

日本が最初に接触したロデニウス大陸の北東に位置する農業立国。技術力は中世レベルで、政治体系は社会主義に近い民主主義を採用している。覇を唱える性質や、他民族への偏見や差別の様な過激な考えが無かったため。日本ともすぐに友好関係を結べた。 家畜 でさえうまい飯を食べれる程食料自給率が高く、日本と国交を結んでからは輸入が途絶えてしまった日本に大量の食糧を輸出し、かわりに インフラ を輸入している。その反面軍事力は低く予備兵力を含めて5万人しかいない。 亜人殲滅を掲げる隣国ロウリア王国の侵略を受けるが食糧が途絶えることにより餓死者が大勢出ることを危惧した(クワ・トイネ側から半ば煽られた)日本の参戦により滅亡の危機から脱する。 ロウリア王国軍撃退後、対日感情が極めて良好になり、日本としても質・量ともに申し分なさ過ぎるほどの極めて豊かな食料事情(書籍版にて日本からしてみれば衝撃的過ぎる詳細が判明した)から絶対に味方のままにしておきたい相手であるため、日本とはほぼ運命共同体のような間柄となる。.

本作のラスボスと思われる国家。正式名称は ラヴァーナル帝国 。「古」という名の通り、日本転移時より数万年前に存在していた神代国家。最低でも年代以上の技術力がある。 魔力総量が非常に大きく、高度な知恵を持った人間の上位種 光翼人 たちが建国し、 その圧倒的な力でかつて全種族を支配下に置いていた異世界史上最強の国家 である。あまりに強すぎたが故に他種族を見下し、かなり横暴な態度をとっていたようだ 当時の竜人族の国、インフィドラグーンに対して 竜人の皮で作った バッグ を売るため、竜人を毎年一定数献上するよう要求する など。これが原因で熾烈な戦争が勃発した 。 隕石の落下から逃れるため自国の領土に結界を張り、ラティストア大陸ごと未来に転移したと言われ、日本が転移してきた時点では世界各所にその遺跡が点在するのみで存在しない。 史上最強の国家と言う肩書きに相応しく、その軍事技術は現代の地球国家のそれに匹敵すると思われる描写があり( 超音速戦闘機 やミサイルによる飽和攻撃、日本には及ばないもの対空魔船というミサイル駆逐艦に酷似すると思われる軍艦などが作中の登場人物から語られている。)、僕の星 しもべのほし と呼ばれる 人工衛星 のような物や コア魔法という核弾頭搭載の大陸間弾道ミサイル ICBM に匹敵する兵器も保有していた 。バリアや遺伝子工学などの面では地球のいずれの国家も凌駕する。 エモール王国の占いから近い将来復活することが分かっており、もしこの国が復活し異世界全てに対して侵略を開始した場合、 現代地球先進国家レベルの敵 質では日本優位か? を相手に、日本は異世界の人々と力を合わせ、共に戦うことになる。.

11 2. 1 1. 2  .

第2巻発売記念、日本が丸ごと異世界転移ノベル『日本国召喚』ご紹介

第三文明圏 だいさんぶんめいけん. 南の文明圏外の島国。 パーパルディア皇国に侵略を受け滅ぶこととなった。この時にレミールが行った虐殺行為は町の一つを落とし、住民を数百人処刑するというもの。その結果この国はすぐ降伏することになる。 原作では全ての属領が独立したとあったため、おそらくこの国も他の属領同様に独立を果たしたと考えられる。. 注目 StayHome 竈門炭治郎 クラウド・ストライフ ディオスクロイ Fate 竈門禰豆子 ティファ・ロックハート 我妻善逸 カイニス Fate 栗花落カナヲ セフィロス.

2  . 3 2 11 .


Facebook
Twitter
コメント

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2015-2020 atelier-kv.com 権利留保
このサイトへのアクティブなリンクを使用する場合、コピーと引用が許可されます.